株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】イーレックス(eREX Co.,Ltd.、95170)

 


イーレックスの会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

イーレックス(eREX Co.,Ltd.、95170)
設立年月日:1999/12/08
本社所在地:東京
上場年月日:2014/12/22
証券コード:95170
ISINコード:JP3130830007
旧市場区分:第一部
新市場区分:PRIME
業種:電気・ガス業
決算期:3月31日
売買単位:100
時価総額:1,306億4,699万(2022年12月27日時点)
IR情報:https://www.erex.co.jp/ir/

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

ごあいさつ

 

再生可能エネルギーをコアに電力新時代の先駆者になる

 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が世界中に拡大し、未だ終息の見通しは立っておりません。罹患された方とそのご家族様に対して心よりお見舞い申し上げますとともに、昼夜を問わず最前線で対応されている医療従事者等、関係者の皆様に深く敬意を表し感謝申し上げます。

 当社グループは、「~持続可能な社会実現のために~再生可能エネルギーをコアに電力新時代の先駆者になる」という2030年ビジョンの下、バイオマス発電を基盤として、燃料事業から発電事業、自由化で重要度が増すトレーディング事業、電力小売事業まで一貫した電力事業に取り組み、再生可能エネルギーを軸に成長を目指しております。

www.erex.co.jp

 

 

売上高の推移

2022年(通期)の売上高は、2,305億200万円で、前年度からの増減額は、+886億1,700万円となりました。



2019年6月~2022年9月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

 

利益の推移

2022年(通期)の営業利益は、124億9,800万円で、前年度からの増減額は、-32億2,200万円となりました。

営業利益率は、5.4%と、前年度の11.1%から悪化しました。



2019年6月~2022年9月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

 

 

純利益は、96億5,300万円で、前年度からの増減額は、+33億6,800万円となりました。

EPSは、163円で、前年度からの増減額は、+47円となりました。



2019年6月~2022年9月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

 

 

キャッシュフローの推移

2022年(通期)の営業キャッシュフローは、133億1,200万円で、前年度からの増減額は、-53億9,200万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、5.8%と、前年度の13.2%から悪化しました。

 

 

フリーキャッシュフローは、-96億6,300万円で、前年度からの増減額は、-187億円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、-4.2%と、前年度の6.4%から悪化しました。

 

 

配当の推移

2022年(通期)の1株当たり配当金は、22円で、前年度からの増減額は、+4円となりました。


 

イーレックス(eREX Co.,Ltd.、95170)の分析まとめ

2022年(通期)の売上高は、2,305億200万円(前年度比+886億1,700万円)、営業利益は124億9,800万円(前年度比-32億2,200万円)、純利益は96億5,300万円(前年度比+33億6,800万円)と、増収増益となりました。