株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】日本坩堝(Nippon Crucible Co.,Ltd.、53550)

 


日本坩堝の会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

日本坩堝(Nippon Crucible Co.,Ltd.、53550)
設立年月日:1906/12/03
本社所在地:東京
上場年月日:1950/04/07
証券コード:53550
ISINコード:JP3755400003
市場区分:スタンダード
旧市場区分:第二部
新市場区分:STANDARD
業種:ガラス・土石製品
決算期:3月31日
売買単位:100
時価総額:41億31万(2022年9月1日時点)
IR情報:https://www.rutsubo.com/ir/short.php

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

 

社長メッセージ 

 

ごあいさつ

 

 すべてのお客様に喜んでいただける製品やサービスを提供する。私たちは「お客様第一主義」を最も大切なテーマととらえています。お客様にご満足いただくためには、「モノづくり」をはじめ、すべての仕事の原点である「現場力」と、高い目標を必ず達成する「実現力」がなければなりません。『各人が各職務においてやるべきことを責任を持ってやり抜く』。全社員が力を合わせて目標に向かって邁進する中で、それぞれが仕事に喜びや生きがいを見出し、個人の能力を最大限に発揮することで、自らを高め人間として成長することができるのです。

www.rutsubo.com


 

 

売上高の推移

2022年(通期)の売上高は、86億7,500万円で、前年度からの増減額は、+10億1,700万円となりました。

 

2020年6月~2022年6月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

 

 

 

 

利益の推移

2022年(通期)の営業利益は、2億5,500万円で、前年度からの増減額は、+1億9,600万円となりました。

営業利益率は、2.9%と、前年度の0.8%から改善しました。

 

2020年6月~2022年6月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

 

 

 

 

 

純利益は、2億1,200万円で、前年度からの増減額は、+9,500万円となりました。

EPSは、32円で、前年度からの増減額は、+15円となりました。

 

2020年6月~2022年6月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

キャッシュフローの推移

2022年(通期)の営業キャッシュフローは、8億900万円で、前年度からの増減額は、-1億5,700万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、9.3%と、前年度の12.6%から悪化しました。

 

 

フリーキャッシュフローは、6億1,700万円で、前年度からの増減額は、-2億3,000万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、7.1%と、前年度の11.1%から悪化しました。

 

 

 

配当の推移

2022年(通期)の1株当たり配当金は、10円で、前年度からの増減額は、-20円となりました。

 


 

日本坩堝(Nippon Crucible Co.,Ltd.、53550)の分析まとめ

2022年(通期)の売上高は、86億7,500万円(前年度比+10億1,700万円)、営業利益は2億5,500万円(前年度比+1億9,600万円)、純利益は2億1,200万円(前年度比+9,500万円)と、増収増益となりました。