株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】シー・ヴイ・エス・ベイエリア(CVS Bay Area Inc. 、26870)

 


シー・ヴイ・エス・ベイエリアの会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

シー・ヴイ・エス・ベイエリア(CVS Bay Area Inc. 、26870)
設立年月日:1951/01/11
本社所在地:千葉
上場年月日:2002/10/02
証券コード:26870
ISINコード:JP3346250008
旧市場区分:第一部
新市場区分:STANDARD
業種:小売業
決算期:2月末日
売買単位:100
時価総額:20億8,637万(2022年8月16日時点)
IR情報:http://www.cvs-bayarea.co.jp/ir/irnews.html

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

 

ごあいさつ

 

「コンビニ“も”運営している会社」を目指して…

 

 1981年、1軒のコンビニ加盟店からスタートした私たちは、コンビニ業界で主流の「加盟店方式」ではなく、圧倒的な機動力と柔軟性を発揮できる「直営方式」を選択することで、出店や店舗経営のリスクに挑戦し、東京・千葉・神奈川の東京湾岸エリアに集中的な店舗展開を図りながら、お客様のニーズに機敏に応えるコンビニとして今日まで成長を続けてまいりました。

 私たちが追求するのは「日常生活の便利さ」です。日常生活の3要素である「衣・食・住」を支える、便利で身近なサービスを提供するため、当社オリジナルの「クリーニングサービス」に代表されるような、地域のお客様のニーズに基づくサービスを次々と生み出してまいりました。

www.cvs-bayarea.co.jp


 

 

売上高の推移

2022年(通期)の売上高は、72億900万円で、前年度からの増減額は、-1億900万円となりました。

 

2020年5月~2022年5月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

 

 



 

 

利益の推移

2022年(通期)の営業利益は、-3億2,300万円で、前年度からの増減額は、+2億2,300万円となりました。

営業利益率は、-4.5%と、前年度の-7.5%から改善しました。

 

2020年5月~2022年5月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

 

 

 



 

 

純利益は、-8億3,100万円で、前年度からの増減額は、+3億2,900万円となりました。

EPSは、-168円で、前年度からの増減額は、+67円となりました。

 

2020年5月~2022年5月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

 

 



 



 

 

キャッシュフローの推移

2022年(通期)の営業キャッシュフローは、-3億5,100万円で、前年度からの増減額は、-4億7,100万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、-4.9%と、前年度の1.6%から悪化しました。

 

 

フリーキャッシュフローは、-1億1,900万円で、前年度からの増減額は、+1億200万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、-1.7%と、前年度の-3.0%から改善しました。

 

 

 

配当の推移

2022年(通期)の1株当たり配当金は、12円で、前年度からの増減額は、-2円となりました。

 


 

シー・ヴイ・エス・ベイエリア(CVS Bay Area Inc. 、26870)の分析まとめ

2022年(通期)の売上高は、72億900万円(前年度比-1億900万円)、営業利益は-3億2,300万円(前年度比+2億2,300万円)、純利益は-8億3,100万円(前年度比+3億2,900万円)と、減収増益となりました。