株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】株式会社東映(TOEI COMPANY,LTD.、9605)




東映の会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

東映(TOEI COMPANY,LTD.、96050)
設立年月日:1949/10/01
本社所在地:東京
上場年月日:1952/11/28
証券コード:96050
ISINコード:JP3560000006
旧市場区分:第一部
新市場区分:PRIME
業種:情報・通信業
決算期:3月31日
売買単位:100
時価総額:2,918億3,364万(2022年7月27日時点)
IR情報:https://www.toei.co.jp/company/ir/index.html

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

Top Message


エンタテインメントで
明るい未来を
代表取締役社長 手塚 治


この度の新型コロナウイルスの世界的な感染拡大におきましては未だ終息の見通しが立たず、罹患された方とそのご家族に対して心よりお見舞い申し上げるとともに、昼夜を問わず最前線で対応されている医療従事者など関係各位に深く敬意を表し感謝申し上げます。

東映は1951(昭和26)年の創立以来約70年にわたり、幅広いファンの皆様の御支持に支えられ、映画・テレビ・ビデオ・アニメーションなどの多様な映像製作とそれらの作品を活用した多角的な展開をし、質高く魅力的なエンタテイメントを提供して参りました。

www.toei.co.jp

 

 

売上高の推移

2022年(通期)の売上高は、1,175億3,900万円で、前年度からの増減額は、+98億9,100万円となりました。



2019年6月~2022年3月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

 

 

 

利益の推移

2022年(通期)の営業利益は、178億1,000万円で、前年度からの増減額は、+48億1,300万円となりました。

営業利益率は、15.2%と、前年度の12.1%から改善しました。

 

 

2019年6月~2022年3月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

 

 

 

純利益は、89億7,700万円で、前年度からの増減額は、+16億9,300万円となりました。

EPSは、723円で、前年度からの増減額は、+139円となりました。



2019年6月~2022年3月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

 

 

キャッシュフローの推移

2022年(通期)の営業キャッシュフローは、144億7,900万円で、前年度からの増減額は、+127億1,200万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、12.3%と、前年度の1.6%から改善しました。



 

フリーキャッシュフローは、-11億8,100万円で、前年度からの増減額は、+26億5,300万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、-2.9%と、前年度の-5.6%から改善しました。

 

 

配当の推移

2022年(通期)の1株当たり配当金は、60円で、前年度からの増減額は、0円となりました。

 

 

東映(TOEI COMPANY,LTD.、96050)の分析まとめ

2022年(通期)の売上高は、1,175億3,900万円(前年度比+98億9,100万円)、営業利益は178億1,000万円(前年度比+48億1,300万円)、純利益は89億7,700万円(前年度比+16億9,300万円)と、増収増益となりました。