株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】積水ハウス(Sekisui House,Ltd.、19280)


積水ハウスの会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

積水ハウス(Sekisui House,Ltd.、19280)
設立年月日:1929/05/01
本社所在地:大阪
上場年月日:1970/08/01
証券コード:19280
ISINコード:JP3420600003
旧市場区分:第一部
新市場区分:PRIME
業種:建設業
決算期:1月31日
売買単位:100
時価総額:1兆5,716億9,090万(2022年7月5日時点)
IR情報:https://www.sekisuihouse.co.jp/company/financial/

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

 

トップメッセージ 

 

「わが家」を世界一幸せな場所にする

グローバルビジョンの実現を目指し
ハード・ソフト・サービスを提供する
企業へ

着実に歩みを進める

 

当社は、2020年にグローバルビジョン“「わが家」を世界一幸せな場所にする”を掲げ、「住」を基軸に、ハード・ソフト・サービスを融合した幸せを提供するグローバル企業を目指し、現在、事業を推進しています。2021年度は、コロナ禍という厳しい経済局面においても、グローバルビジョンの実現に向け全社のベクトルを1つにすることで、成長スピードを加速させることができ、売上高は前期比1,426億円増加、5.8%増の2兆5,895億円、営業利益は436億円増加、23.4%増の2,301億円と、ともに過去最高を更新しました。

www.sekisuihouse.co.jp

 

 

売上高の推移

2022年(通期)の売上高は、2兆5,895億7,900万円で、前年度からの増減額は、+1,426億7,500万円となりました。

2020年4月~2022年4月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。





利益の推移

2022年(通期)の営業利益は、2,301億6,000万円で、前年度からの増減額は、+436億4,100万円となりました。

営業利益率は、8.9%と、前年度の7.6%から改善しました。

2020年4月~2022年4月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。



純利益は、1,539億500万円で、前年度からの増減額は、+303億6,300万円となりました。

EPSは、227円で、前年度からの増減額は、+46円となりました。

2020年4月~2022年4月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。







キャッシュフローの推移

2022年(通期)の営業キャッシュフローは、1,180億3,400万円で、前年度からの増減額は、-739億3,800万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、4.6%と、前年度の7.8%から悪化しました。



フリーキャッシュフローは、43億2,800万円で、前年度からの増減額は、-921億4,000万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、0.2%と、前年度の3.9%から悪化しました。



配当の推移

2022年(通期)の1株当たり配当金は、90円で、前年度からの増減額は、+6円となりました。



 

積水ハウス(Sekisui House,Ltd.、19280)の分析まとめ

2022年(通期)の売上高は、2兆5,895億7,900万円(前年度比+1,426億7,500万円)、営業利益は2,301億6,000万円(前年度比+436億4,100万円)、純利益は1,539億500万円(前年度比+303億6,300万円)と、増収増益となりました。