株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】ライト工業(RAITO KOGYO CO.,LTD.、19260)


ライト工業の会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

ライト工業(RAITO KOGYO CO.,LTD.、19260)
設立年月日:1948/09/28
本社所在地:東京
上場年月日:1961/10/02
証券コード:19260
ISINコード:JP3965800000
旧市場区分:第一部
新市場区分:PRIME
業種:建設業
決算期:3月31日
売買単位:100
時価総額:1,019億6,167万(2022年7月4日時点)
IR情報:https://www.raito.co.jp/ir/

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

経営情報

 

株主・投資家の皆様へ

 

当社は昭和18年の創業以来、特殊技術の開発、導入を積極的に進め、専門土木分野において、国土の防災やインフラ整備を通じ、社会に大きく貢献してまいりました。

永年蓄積した豊富な経験と確かな技術のもと、様々な社会的課題の解決を通じて社会に貢献していくことを変わることのない使命として認識し、新しい事業領域への挑戦や新技術の開発などにより、新たな価値創造と強く豊かな国土形成への貢献を目指してまいります。

www.raito.co.jp

 

 

売上高の推移

2022年(通期)の売上高は、1,095億400万円で、前年度からの増減額は、+12億9,500万円となりました。

2019年6月~2022年3月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

 

利益の推移

2022年(通期)の営業利益は、132億3,600万円で、前年度からの増減額は、+15億900万円となりました。

営業利益率は、12.1%と、前年度の10.8%から改善しました。



2019年6月~2022年3月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

純利益は、89億3,000万円で、前年度からの増減額は、+2億9,000万円となりました。

EPSは、174円で、前年度からの増減額は、+7円となりました。

2019年6月~2022年3月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

 

キャッシュフローの推移

2022年(通期)の営業キャッシュフローは、85億9,700万円で、前年度からの増減額は、-66億900万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、7.9%と、前年度の14.1%から悪化しました。

 

フリーキャッシュフローは、62億4,700万円で、前年度からの増減額は、-17億3,100万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、5.7%と、前年度の7.4%から悪化しました。

 

配当の推移

2022年(通期)の1株当たり配当金は、54円で、前年度からの増減額は、+4円となりました。



ライト工業(RAITO KOGYO CO.,LTD.、19260)の分析まとめ

2022年(通期)の売上高は、1,095億400万円(前年度比+12億9,500万円)、営業利益は132億3,600万円(前年度比+15億900万円)、純利益は89億3,000万円(前年度比+2億9,000万円)と、増収増益となりました。