株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】ウイングアーク1st株式会社(WingArc1st Inc.、44320)




ウイングアーク1stの会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

ウイングアーク1st(WingArc1st Inc.、44320)
設立年月日:2016/03/07
本社所在地:東京
上場年月日:2021/03/16
証券コード:44320
ISINコード:JP3154360006
旧市場区分:第一部
新市場区分:PRIME
業種:情報・通信業
決算期:2月末日
売買単位:100
時価総額:454億590万(2022年4月21日時点)
IR情報:https://ir.wingarc.com/

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

トップメッセージ


社会におけるデータの価値を最大化し、より良い社会の実現を目指しています。

 ウイングアークのビジョン
当社は加速度的に増加する知識・情報といったデータの共有・活用によって、地域や年齢、性別、人種による制約を受けず、一人ひとりのパフォーマンスを最大化させることが社会課題の克服につながると考え、「Empower Data, Innovate the Business, Shape the Future. 情報に価値を、企業に変革を、社会に未来を。」というビジョンのもと、より良い社会の実現を目指しています。

ir.wingarc.com

 

売上高の推移

2022年(通期)の売上高は、198億3,300万円で、前年度からの増減額は、+15億4,800万円となりました。



2020年11月~2022年2月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。



 

 

利益の推移

2022年(通期)の営業利益は、59億8,600万円で、前年度からの増減額は、+27億7,900万円となりました。

営業利益率は、30.2%と、前年度の17.5%から改善しました。



2020年11月~2022年2月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。



純利益は、43億5,200万円で、前年度からの増減額は、+19億円となりました。

EPSは、132円で、前年度からの増減額は、+53円となりました。



2020年11月~2022年2月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。



 

 

キャッシュフローの推移

2022年(通期)の営業キャッシュフローは、64億3,900万円で、前年度からの増減額は、+14億8,700万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、32.5%と、前年度の27.1%から改善しました。



 

フリーキャッシュフローは、59億700万円で、前年度からの増減額は、+10億8,900万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、29.8%と、前年度の26.3%から改善しました。



 

 

配当の推移

2022年(通期)の1株当たり配当金は、43円で、前年度からの増減額は、+19円となりました。




 

ウイングアーク1st(WingArc1st Inc.、44320)の分析まとめ

2022年(通期)の売上高は、198億3,300万円(前年度比+15億4,800万円)、営業利益は59億8,600万円(前年度比+27億7,900万円)、純利益は43億5,200万円(前年度比+19億円)と、増収増益となりました。