株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】株式会社ニイタカ(Niitaka Co., Ltd.、44650)

f:id:honyasu34:20220309135310p:plain


ニイタカの会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

ニイタカ(Niitaka Co., Ltd.、44650)
設立年月日:1963/04/24
本社所在地:大阪
上場年月日:2003/04/24
証券コード:44650
ISINコード:JP3657250001
旧市場区分:第一部
新市場区分:PRIME
業種:化学
決算期:5月31日
売買単位:100
時価総額:136億1,553万(2022年3月10日時点)
IR情報:https://www.niitaka.co.jp/ir/

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

投資家のみなさまへ

投資家のみなさまにおかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。また、平素より格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。
当社は、フードビジネス業界向けに、製品の品質からサービスの質に至るまで、お客様に最高の満足感を得ていただくことを目指し、業務用洗剤・洗浄剤及び固形燃料の製造・販売を通して社会的な責任・使命を果たし、株主様への利益還元を第一に安定した配当を継続してまいります。

www.niitaka.co.jp

 

 

売上高の推移

2021年(通期)の売上高は、184億3,600万円で、前年度からの増減額は、+7億1,300万円となりました。

f:id:honyasu34:20220309135325p:plain

2019年8月~2021年11月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20220309135334p:plain

f:id:honyasu34:20220309135347p:plain

 

 

利益の推移

2021年(通期)の営業利益は、24億4,800万円で、前年度からの増減額は、+8億3,100万円となりました。

営業利益率は、13.3%と、前年度の9.1%から改善しました。

f:id:honyasu34:20220309135359p:plain

2019年8月~2021年11月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20220309135412p:plain

f:id:honyasu34:20220309135423p:plain

f:id:honyasu34:20220309135436p:plain

純利益は、6億9,700万円で、前年度からの増減額は、-3億6,100万円となりました。

EPSは、118円で、前年度からの増減額は、-61円となりました。

f:id:honyasu34:20220309135447p:plain

2019年8月~2021年11月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20220309135459p:plain

f:id:honyasu34:20220309135512p:plain

f:id:honyasu34:20220309135535p:plain

f:id:honyasu34:20220309135544p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2021年(通期)の営業キャッシュフローは、27億1,800万円で、前年度からの増減額は、+10億1,700万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、14.7%と、前年度の9.6%から改善しました。

f:id:honyasu34:20220309135557p:plain

 

フリーキャッシュフローは、16億3,700万円で、前年度からの増減額は、+8億7,000万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、8.9%と、前年度の4.3%から改善しました。

f:id:honyasu34:20220309135608p:plain

 

 

配当の推移

2021年(通期)の1株当たり配当金は、26円で、前年度からの増減額は、0円となりました。

f:id:honyasu34:20220309135620p:plain


 

ニイタカ(Niitaka Co., Ltd.、44650)の分析まとめ

2021年(通期)の売上高は、184億3,600万円(前年度比+7億1,300万円)、営業利益は24億4,800万円(前年度比+8億3,100万円)、純利益は6億9,700万円(前年度比-3億6,100万円)と、増収減益となりました。