株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】株式会社オプティム(OPTiM CORPORATION、36940)

f:id:honyasu34:20220128131700p:plain


オプティムの会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

オプティム(OPTiM CORPORATION、36940)
設立年月日:2000/06/08
本社所在地:東京
上場年月日:2014/10/22
証券コード:36940
ISINコード:JP3197690005
市場区分:第一部
業種:情報・通信業
決算期:3月31日
売買単位:100
時価総額:510億5,804万(2022年1月28日時点)
IR情報:https://www.optim.co.jp/investors

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

ネット端末を、あなた好みに働かせます。

当社は「ネットを空気に変える」というコンセプトを掲げ、もはや生活インフラとなったインターネットが、未だ利用するにあたりITリテラシーを必要とする現状を変えたいと考えております。

インターネットそのものを空気のように、全く意識することなく使いこなせる存在に変えていくことをミッションとして、創業以来すべての人々が等しくインターネットのもたらす創造性、利便性を享受できるようなサポートをするプロダクトの開発に尽力して参ります。

www.optim.co.jp

 

 

売上高の推移

2021年(通期)の売上高は、75億1,700万円で、前年度からの増減額は、+7億8,900万円となりました。

f:id:honyasu34:20220128131718p:plain

2019年6月~2021年9月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20220128131730p:plain

f:id:honyasu34:20220128131742p:plain

 

 

利益の推移

2021年(通期)の営業利益は、18億800万円で、前年度からの増減額は、+15億5,200万円となりました。

営業利益率は、24.1%と、前年度の3.8%から改善しました。

f:id:honyasu34:20220128131754p:plain

2019年6月~2021年9月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20220128131807p:plain

f:id:honyasu34:20220128131817p:plain

f:id:honyasu34:20220128131827p:plain

純利益は、12億3,700万円で、前年度からの増減額は、+11億2,000万円となりました。

EPSは、22円で、前年度からの増減額は、+20円となりました。

f:id:honyasu34:20220128131837p:plain

2019年6月~2021年9月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20220128131855p:plain

f:id:honyasu34:20220128131906p:plain

f:id:honyasu34:20220128131916p:plain

f:id:honyasu34:20220128131929p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2021年(通期)の営業キャッシュフローは、13億2,300万円で、前年度からの増減額は、+8億9,300万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、17.6%と、前年度の6.4%から改善しました。

f:id:honyasu34:20220128131938p:plain

 

フリーキャッシュフローは、1億7,200万円で、前年度からの増減額は、+1億700万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、2.3%と、前年度の1.0%から改善しました。

f:id:honyasu34:20220128131949p:plain

 

 

配当の推移

2021年(通期)の1株当たり配当金は、0円で、前年度からの増減額は、0円となりました。

f:id:honyasu34:20220128132000p:plain


 

オプティム(OPTiM CORPORATION、36940)の分析まとめ

2021年(通期)の売上高は、75億1,700万円(前年度比+7億8,900万円)、営業利益は18億800万円(前年度比+15億5,200万円)、純利益は12億3,700万円(前年度比+11億2,000万円)と、増収増益となりました。