株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】株式会社クラウディアホールディングス(KURAUDIA HOLDINGS CO.,LTD.、36070)

f:id:honyasu34:20220115093939p:plain


クラウディアホールディングスの会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

クラウディアホールディングス(KURAUDIA HOLDINGS CO.,LTD.、36070)
設立年月日:1976/12/21
本社所在地:京都
上場年月日:2005/03/31
証券コード:36070
ISINコード:JP3267800005
市場区分:第一部
業種:繊維製品
決算期:8月31日
売買単位:100
時価総額:23億4,479万(2022年1月20日時点)
IR情報:https://www.kuraudia.holdings/ir/

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

ご挨拶

皆様の夢を叶える「総合ブライダル企業」

私たちクラウディアグループは、わが国現代の結婚式における衣裳文化を代表し、リードし続けるウエディングドレスのトップメーカーから、「総合ブライダル企業」へと進化を遂げてまいりました。

ウエディングドレス……それは、単にひとつの衣裳というだけでなく、花嫁が描く夢の象徴であり、さらには私たちの結婚や婚礼のあり方を映し出す鏡であるとも言うことができます。婚礼形態の多様化が進む中、婚礼衣裳メーカーには結婚式の衣裳文化の流れを的確に捉え、あるいは作り出す力を持った商品づくりが求められています。

1976年の会社設立以来、私たちは「品質のクラウディア」として、信頼される確かな商品づくりを基本理念に婚礼衣裳の企画・製造・販売に携わり、徹底した顧客重視の姿勢のもとに婚礼衣裳メーカーとしての信頼を築いてまいりました。また、「一人でも多くの花嫁にクラウディアのドレスを着てほしい」との思いから、さまざまな販路の開拓を推進する中で、私たちの「メーカー」としての強みを活かしつつ、ショップ運営、リゾート挙式、式場運営、写真、美容等、事業領域の裾野を広げ、ブライダル市場の変化にも柔軟に対応してまいりました。
いずれの事業領域におきましても、「信頼される確かな商品・サービスの提供」をモットーに、花嫁の「夢」の実現をお手伝いし、日本の婚礼文化の発展に貢献する「総合ブライダル企業」として、クラウディアグループはこれからも躍進を続けてまいります。

www.kuraudia.holdings

 

 

売上高の推移

2021年(通期)の売上高は、70億1,500万円で、前年度からの増減額は、-12億5,700万円となりました。

f:id:honyasu34:20220115093954p:plain

2019年11月~2021年11月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20220115094006p:plain

f:id:honyasu34:20220115094017p:plain

 

 

利益の推移

2021年(通期)の営業利益は、-17億3,200万円で、前年度からの増減額は、+5億7,900万円となりました。

営業利益率は、-24.7%と、前年度の-27.9%から改善しました。

f:id:honyasu34:20220115094029p:plain

2019年11月~2021年11月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20220115094041p:plain

f:id:honyasu34:20220115094053p:plain

f:id:honyasu34:20220115094112p:plain

純利益は、-8億1,000万円で、前年度からの増減額は、+15億5,700万円となりました。

EPSは、-92円で、前年度からの増減額は、179円となりました。

f:id:honyasu34:20220115094552p:plain

2019年11月~2021年11月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20220115094616p:plain

f:id:honyasu34:20220115094606p:plain

f:id:honyasu34:20220115094636p:plain

f:id:honyasu34:20220115094646p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2021年(通期)の営業キャッシュフローは、5億1,500万円で、前年度からの増減額は、24億5,000万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、7.3%と、前年度の-23.4%から改善しました。

f:id:honyasu34:20220115094658p:plain

 

フリーキャッシュフローは、8億9,600万円で、前年度からの増減額は、30億8,000万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、12.8%と、前年度の-26.4%から改善しました。

f:id:honyasu34:20220115094708p:plain

 

 

配当の推移

2021年(通期)の1株当たり配当金は、0円で、前年度からの増減額は、-8円となりました。

f:id:honyasu34:20220115094719p:plain


 

クラウディアホールディングス(KURAUDIA HOLDINGS CO.,LTD.、36070)の分析まとめ

2021年(通期)の売上高は、70億1,500万円(前年度比-12億5,700万円)、営業利益は-17億3,200万円(前年度比+5億7,900万円)、純利益は-8億1,000万円(前年度比+15億5,700万円)と、減収増益となりました。