株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】キャンバス(CanBas Co.,Ltd.、45750)

f:id:Miki223:20220105145004p:plain




キャンバスの会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

キャンバス(CanBas Co.,Ltd. 、45750)
設立年月日:2000/01/18
本社所在地:静岡
上場年月日:2009/09/17
証券コード:45750
ISINコード:JP3244570002
市場区分:マザーズ
業種:医薬品
決算期:6月30日
売買単位:100
時価総額:22億2,075万(2022年1月15日時点)
IR情報:https://www.canbas.co.jp/ir/

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。 

ご挨拶 

 

創薬バイオベンチャー企業キャンバスにご興味をお持ちいただきありがとうございます。

最優先で開発を進めている抗がん剤候補化合物「免疫着火剤」CBP501は、極めて難治とされる膵臓がん3次治療を対象とした臨床試験(フェーズ1b試験)で、免疫系抗がん剤との併用での薬効を示唆する力強いデータを得ることができました。
この感触を踏まえて当社は、承認獲得を目指し、フェーズ2試験の準備を始めています。
第2のパイプラインである可逆的XPO1阻害剤CBS9106は、全世界を対象としたライセンス先である米国Stemline社が、2020年にイタリアMenarini社に買収されました。これにより、従来の米国に加えて将来の本格的な欧州展開も見えてきました。
買収作業やコロナ禍の中でも同社開発チームとの緊密な連携は継続しており、臨床第1相試験も順調に進められています。
キャンバスは、Menarini社・Stemline社とともに、CBS9106/SL-801をベスト・イン・クラスのXPO1阻害剤とすることを目指していきます。

株式会社キャンバス 代表取締役社長 河邊 拓己株式会社キャンバス
代表取締役社長 河邊 拓己
さらに、次世代の臨床開発パイプラインを創出する活動も、自社基礎研究やさまざまなコラボレーションの成果が水面下で育っています。
2020年には、静岡県立大とかねてから共同研究を行っていたIDO/TDO二重阻害剤を、新型コロナウイルス感染症治療薬としても研究することになりました。
また、患者様ひとりひとりのがん細胞の遺伝子変異を利用した抗がん剤感受性予測の研究開発も進んでいます。
今後も、これまで水面下で進めてきた研究がさまざまな形で水面上に現れると期待しています。

今後も当社は、CBP501をはじめとする各パイプラインをライセンスすることによる事業収益計上を通じた資金調達や共同開発・開発費負担軽減を最優先課題として取り組んでいきます。
しかし、より早く患者さんの元にお届けするには、これ以上開発スピードを落とすことはできません。
ROI(投資収益率)やIRR(内部利益率)等の社内試算も厳格に行いつつ、中長期の企業価値最大化のための研究開発投資を積極的かつ継続的に実施したいと考えています。
幸いなことに、臨床開発環境の変化や抗がん剤開発のパラダイムシフトの追い風を受け、ひと昔前には不可能と考えられていた創薬バイオベンチャー企業自身による後期臨床開発の遂行も可能な環境が生まれつつあります。
これまで同様に提携パートナー獲得に向けた交渉を継続しつつ、これと並行して、開発の進展を支える適切な時期・規模の資金調達も引き続き検討していきます。

「創薬バイオベンチャーはわかりづらい」とよく言われます。
その「わかりづらさ」は、正確を期するとどうしても専門用語が多くなったり説明が長くなったりしやすい技術領域であることに加え、時間軸の違いに由来するものも多いと感じています。
研究開発の時間軸はただでさえ長く、特に、創薬産業ではその傾向が顕著です。一般社会の常識的な時間軸とズレが生じやすい面があると認識しています。
当社は、それらのズレを最小化するために、このウェブサイトなどを使った投資家リレーションを通じ当社の魅力や情報の開示を徹底しつつ、今後もスピード感を持って研究開発や事業開発に邁進し、製薬バリューチェーンに高い付加価値をもたらすことを目標としてまいります。

株式会社キャンバス 代表取締役 河邊拓己

www.canbas.co.jp

 

 

売上高の推移

2021年(通期)の売上高は、1億800万円で、前年度からの増減額は、-200万円となりました。

 

f:id:kawakami03:20220114161510p:plain



2018年9月~2021年6月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:kawakami03:20220114161519p:plain



 

f:id:kawakami03:20220114161535p:plain



 

 

利益の推移

2021年(通期)の営業利益は、-5億4,700万円で、前年度からの増減額は、+1,900万円となりました。

営業利益率は、-506.5%と、前年度の-514.5%から改善しました。

 

f:id:kawakami03:20220114161545p:plain



2018年9月~2021年6月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:kawakami03:20220114161603p:plain



 

f:id:kawakami03:20220114161607p:plain



 

f:id:kawakami03:20220114161613p:plain



純利益は、-5億3,100万円で、前年度からの増減額は、+4,100万円となりました。

EPSは、-70円で、前年度からの増減額は、+14円となりました。

 

f:id:kawakami03:20220114161621p:plain



2018年9月~2021年6月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:kawakami03:20220114161630p:plain



 

f:id:kawakami03:20220114161636p:plain



 

f:id:kawakami03:20220114161641p:plain



 

f:id:kawakami03:20220114161646p:plain



 

 

キャッシュフローの推移

2021年(通期)の営業キャッシュフローは、-6億8,800万円で、前年度からの増減額は、-1億3,600万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、-637.0%と、前年度の-501.8%から悪化しました。

 

f:id:kawakami03:20220114161652p:plain



 

フリーキャッシュフローは、9994億4,800万円で、前年度からの増減額は、-5億円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、と、前年度の-501.8%から改善しました。

 

f:id:kawakami03:20220114162431p:plain





 

 

配当の推移

2021年(通期)の1株当たり配当金は、0円で、前年度からの増減額は、0円となりました。

 

f:id:kawakami03:20220114161701p:plain




 

キャンバス(CanBas Co.,Ltd. 、45750)の分析まとめ

2021年(通期)の売上高は、1億800万円(前年度比-200万円)、営業利益は-5億4,700万円(前年度比+1,900万円)、純利益は-5億3,100万円(前年度比+4,100万円)と、減収増益となりました。