株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】トーカロ株式会社(TOCALO Co.,Ltd. 、34330)

f:id:honyasu34:20220106111013p:plain


トーカロの会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

トーカロ(TOCALO Co.,Ltd. 、34330)
設立年月日:1973/06/25
本社所在地:兵庫
上場年月日:2003/12/19
証券コード:34330
ISINコード:JP3552290003
市場区分:第一部
業種:金属製品
決算期:3月31日
売買単位:100
時価総額:956億2,160万(2022年1月6日時点)
IR情報:https://www.tocalo.co.jp/ir/

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

トップメッセージ

 

株主・投資家の皆様には、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申しあげます。
さて、当社第71期中間期(2021年4月1日から2021年9月30日まで)の事業の状況につきまして、ご報告申しあげます。

中間期の連結業績について

新型コロナウイルス感染症の拡大により経済活動が抑制された影響はありましたが、引き続き旺盛な半導体需要に加え、ワクチン接種の普及による世界的な経済の回復から鉄鋼需要なども持ち直しの兆しがあり、当社においても半導体、製紙、エネルギー分野の受注に支えられて期初計画に対して総じて業績は堅調に推移しております。
売上高につきましては、半導体・FPD(フラットパネルディスプレイ)分野の溶射加工が、デジタル社会の進展による旺盛な半導体需要を背景としたメーカーの投資意欲の高まりにより増収となったほか、製紙、エネルギーなどインフラ関連分野の受注回復により、前年同期比18億93百万円(9.9%)増の210億98百万円となりました。
損益面では、半導体需要に対応するための増産投資や環境分野への新たなアプリケーション開発は進めながらも、一層の生産性向上に取り組んだ結果、経常利益は前年同期比10億48百万円(25.1%)増の52億22百万円となりました。

www.tocalo.co.jp

 

 

売上高の推移

2021年(通期)の売上高は、390億7,300万円で、前年度からの増減額は、+11億7,700万円となりました。

f:id:honyasu34:20220106111057p:plain

2019年6月~2021年9月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20220106111108p:plain

f:id:honyasu34:20220106111119p:plain

 

 

利益の推移

2021年(通期)の営業利益は、86億6,900万円で、前年度からの増減額は、+21億1,900万円となりました。

営業利益率は、22.2%と、前年度の17.3%から改善しました。

f:id:honyasu34:20220106111131p:plain

2019年6月~2021年9月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20220106111141p:plain

f:id:honyasu34:20220106111152p:plain

f:id:honyasu34:20220106111202p:plain

純利益は、54億6,300万円で、前年度からの増減額は、+10億5,900万円となりました。

EPSは、90円で、前年度からの増減額は、+17円となりました。

f:id:honyasu34:20220106111214p:plain

2019年6月~2021年9月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20220106111225p:plain

f:id:honyasu34:20220106111235p:plain

f:id:honyasu34:20220106111245p:plain

f:id:honyasu34:20220106111255p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2021年(通期)の営業キャッシュフローは、105億8,800万円で、前年度からの増減額は、+39億6,700万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、27.1%と、前年度の17.5%から改善しました。

f:id:honyasu34:20220106111307p:plain

 

フリーキャッシュフローは、59億7,300万円で、前年度からの増減額は、+35億6,900万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、15.3%と、前年度の6.3%から改善しました。

f:id:honyasu34:20220106111318p:plain

 

 

配当の推移

2021年(通期)の1株当たり配当金は、35円で、前年度からの増減額は、+10円となりました。

f:id:honyasu34:20220106111329p:plain


 

トーカロ(TOCALO Co.,Ltd. 、34330)の分析まとめ

2021年(通期)の売上高は、390億7,300万円(前年度比+11億7,700万円)、営業利益は86億6,900万円(前年度比+21億1,900万円)、純利益は54億6,300万円(前年度比+10億5,900万円)と、増収増益となりました。