株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】株式会社 稲葉製作所(INABA SEISAKUSHO Co.,Ltd. 、34210)

f:id:honyasu34:20220105144436p:plain


稲葉製作所の会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

稲葉製作所(INABA SEISAKUSHO Co.,Ltd. 、34210)
設立年月日:1950/11/09
本社所在地:東京
上場年月日:2000/06/14
証券コード:34210
ISINコード:JP3145800003
市場区分:第一部
業種:金属製品
決算期:7月31日
売買単位:100
時価総額:248億7,633万(2022年1月5日時点)
IR情報:https://www.inaba-ss.co.jp/ir/

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

独自性のある高品質な製品をお客様にお届けする

私たちは、創業以来、新技術・新製品の開発に努め、数々の優れた製品を提供し、業界をリードしてきたと自負しています。
いままでもこれからも、「イナバなら買って安心」、「イナバなら作ってくれる」という期待に応えようという思いは変わりません。
今後も「やっぱりイナバ」だと思われるよう、さらに価値あるモノづくりに社員ともどもまい進していく所存です。

しかし、今後は製品づくりだけに留まらず、暮らしが豊かになるような「ソフト」面のご提案を図りたいと考えています。
それは、製品の新しい使い方や製品にまつわるサービスの拡充など、お客様にもっとイナバを身近に感じていただき、気持ちよく利用していただく何かをつくっていくことです。

信頼を獲得してきたイナバ製品に、お客様のニーズに合わせた新しいサービスを加え、さらに価値ある空間を創造していくこと。
それこそが、これから私たちに与えられた課題だと考えます。「ハード」と「ソフト」の両立。この2つを念頭に置き、柔軟な発想と長年培った技術力で新しい空間のあり方を提案していきます。

www.inaba-ss.co.jp

 

 

売上高の推移

2021年(通期)の売上高は、377億9,900万円で、前年度からの増減額は、+32億2,400万円となりました。

f:id:honyasu34:20220105144452p:plain

2019年10月~2021年10月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20220105144503p:plain

f:id:honyasu34:20220105144513p:plain

 

 

利益の推移

2021年(通期)の営業利益は、27億6,400万円で、前年度からの増減額は、+8億7,300万円となりました。

営業利益率は、7.3%と、前年度の5.5%から改善しました。

f:id:honyasu34:20220105144526p:plain

2019年10月~2021年10月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20220105144535p:plain

f:id:honyasu34:20220105144547p:plain

f:id:honyasu34:20220105144600p:plain

純利益は、23億6,500万円で、前年度からの増減額は、+10億300万円となりました。

EPSは、142円で、前年度からの増減額は、+65円となりました。

f:id:honyasu34:20220105144617p:plain

2019年10月~2021年10月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20220105144629p:plain

f:id:honyasu34:20220105144639p:plain

f:id:honyasu34:20220105144650p:plain

f:id:honyasu34:20220105144701p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2021年(通期)の営業キャッシュフローは、50億3,700万円で、前年度からの増減額は、+25億4,900万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、13.3%と、前年度の7.2%から改善しました。

f:id:honyasu34:20220105144713p:plain

 

フリーキャッシュフローは、21億4,500万円で、前年度からの増減額は、+36億5,700万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、5.7%と、前年度の-4.4%から改善しました。

f:id:honyasu34:20220105144722p:plain

 

 

配当の推移

2021年(通期)の1株当たり配当金は、32円で、前年度からの増減額は、+6円となりました。

f:id:honyasu34:20220105144733p:plain


 

稲葉製作所(INABA SEISAKUSHO Co.,Ltd. 、34210)の分析まとめ

2021年(通期)の売上高は、377億9,900万円(前年度比+32億2,400万円)、営業利益は27億6,400万円(前年度比+8億7,300万円)、純利益は23億6,500万円(前年度比+10億300万円)と、増収増益となりました。