株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】データホライゾン(DATA HORIZON CO.,LTD.、36280)

f:id:Miki223:20211227100253p:plain


データホライゾンの会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

データホライゾン(DATA HORIZON CO.,LTD.、36280)
設立年月日:1982/03/25
本社所在地:広島
上場年月日:2008/09/19
証券コード:36280
ISINコード:JP3548730005
市場区分:マザーズ
業種:情報・通信業
決算期:6月30日
売買単位:100
時価総額:155億801万(2021年12月27日時点)
IR情報:http://www.dhorizon.co.jp/ir/

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。 

皆さんが安心して健康的な生活を送る、
環境づくりのために。
当社は大手企業のコンピュータシステム受託開発を主力として、1981年 1月に創業しました。当時、プログラムはすべて手づくり。労働集約型産業で社員にかかる負担が大きく、長期的かつ安定的な稼動は難しい状態でした。そこで人材をしっかり育て長く働いてもらえるように、知識集約型の自社パッケージソフト開発へと大きく方向転換。これまでにはガソリンスタンド業界の顧客管理システムや、養豚業界向けの生産管理システムなどIT技術をもって社会の効率化の一助を志してきました。

転機となったのは、調剤薬局向けシステム「ぶんぎょうめいと」の開発でした。1980年代後半、医薬分業の流れが始まると聞いたとき、この業界の潜在的なニーズと、発展性に着目し、レセプトを作成・発行する調剤薬局向けシステムを薬剤情報データベースの作成から一貫して行ってきました。30年近く蓄積したレセプトに関するノウハウは、特許も取得したレセプト分析技術となっており、レセプト分析のパイオニアとして他社に先んじた、健康増進・予防サービスを提供することでたくさんのお客様のご支持を頂いております。企業というものは、社会の進化と未来の環境に貢献できるものでなくてはならないというのが私どもの考え方です。合わせて、わが社のお客様はもとより、社員、わが社にご縁のある方々すべてが目標を達成し、向上していくことが大切です。そのためには「お客様第一主義」を貫き通し、市場・時流の変化とお客様の要求に合わせてわが社を変える柔軟性をもって、将来を見据えた高収益型事業構造を構築していかなくてはなりません。それを実現していくために必要なのは、「人間力」です。当社は環境整備を通して人間教育にも重きを置いています。年に1度の経営方針発表会や毎日の朝礼などで、経営理念を社員に徹底することにより、社員ひとりひとりが同じベクトルに向かって、価値観が揃っていることを実感します。その熱意がわが社を発展させ変えていく原動力になるのだと思います。また、当社は「健康は全ての基本である」の思いの下、社員ひとりひとりが自覚を持って自らの健康の維持・増進に主体的に取り組むことができるよう「健康宣言」を掲げています。社員の心と身体の健康は会社の発展存続には欠かせません。健康に暮らせる未来を創る企業として、安全で快適な職場を目指し、社員の健康増進にも積極的に取り組みます。今後も私どもをご信頼くださるお客様のためにも、一丸となって健康に暮らせる未来に向かって邁進してまいります。

 

株式会社データホライゾン
代表取締役社長 内海 良夫

www.dhorizon.co.jp

 

 

 

売上高の推移

2021年(通期)の売上高は、33億3,000万円で、前年度からの増減額は、+5億4,800万円となりました。

 

f:id:Miki223:20211227100402p:plain

2018年9月~2021年6月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:Miki223:20211227100446p:plain

 

f:id:Miki223:20211227100455p:plain

 

 

利益の推移

2021年(通期)の営業利益は、3億4,800万円で、前年度からの増減額は、+8,600万円となりました。

営業利益率は、10.5%と、前年度の9.4%から改善しました。

 

f:id:Miki223:20211227100507p:plain

2018年9月~2021年6月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:Miki223:20211227100521p:plain

 

f:id:Miki223:20211227100530p:plain

 

f:id:Miki223:20211227100541p:plain

純利益は、2億8,300万円で、前年度からの増減額は、+8,200万円となりました。

EPSは、80円で、前年度からの増減額は、+23円となりました。

 

f:id:Miki223:20211227100551p:plain

2018年9月~2021年6月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:Miki223:20211227100601p:plain

 

f:id:Miki223:20211227100611p:plain

 

f:id:Miki223:20211227100620p:plain

 

f:id:Miki223:20211227100628p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2021年(通期)の営業キャッシュフローは、3億9,500万円で、前年度からの増減額は、-1億3,700万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、11.9%と、前年度の19.1%から悪化しました。

 

f:id:Miki223:20211227100638p:plain

 

フリーキャッシュフローは、400万円で、前年度からの増減額は、-4億4,800万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、0.1%と、前年度の16.2%から悪化しました。

 

f:id:Miki223:20211227100649p:plain

 

 

配当の推移

2021年(通期)の1株当たり配当金は、18円で、前年度からの増減額は、+6円となりました。

 

f:id:Miki223:20211227100701p:plain


 

データホライゾン(DATA HORIZON CO.,LTD.、36280)の分析まとめ

2021年(通期)の売上高は、33億3,000万円(前年度比+5億4,800万円)、営業利益は3億4,800万円(前年度比+8,600万円)、純利益は2億8,300万円(前年度比+8,200万円)と、増収増益となりました。