株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】株式会社トーア紡コーポレーション(Toabo Corporation 、32040)

f:id:honyasu34:20211223105833p:plain


トーア紡コーポレーションの会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

トーア紡コーポレーション(Toabo Corporation 、32040)
設立年月日:2003/06/12
本社所在地:大阪
上場年月日:2003/06/12
証券コード:32040
ISINコード:JP3552170007
市場区分:第一部
業種:繊維製品
決算期:12月31日
売買単位:100
時価総額:38億863万(2021年12月27日時点)
IR情報:https://www.toabo.co.jp/ir/

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

投資家の皆さまへ

5つの事業を中心として、さらなる企業価値の向上を図ります

事業戦略

 

新型コロナウイルスの感染再拡大の影響により国内景気は沈滞し、また世界的にも未だ収束の兆しが見えないことから、国内経済の先行きは依然として不透明な状況が続いております。
そのような環境下、当社グループは5つの事業を中心としてグループ全体の企業価値の向上を目指し、各事業分野において以下の取り組みを進めてまいります。

www.toabo.co.jp

 

 

売上高の推移

2020年(通期)の売上高は、147億5,200万円で、前年度からの増減額は、-39億1,700万円となりました。

f:id:honyasu34:20211223105900p:plain

2019年3月~2021年9月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20211223105912p:plain

f:id:honyasu34:20211223105926p:plain

 

 

利益の推移

2020年(通期)の営業利益は、2億7,000万円で、前年度からの増減額は、-1億2,000万円となりました。

営業利益率は、1.8%と、前年度の2.1%から悪化しました。

f:id:honyasu34:20211223105937p:plain

2019年3月~2021年9月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20211223105949p:plain

f:id:honyasu34:20211223105959p:plain

f:id:honyasu34:20211223110011p:plain

純利益は、1億8,400万円で、前年度からの増減額は、+1,900万円となりました。

EPSは、21円で、前年度からの増減額は、+2円となりました。

f:id:honyasu34:20211223110023p:plain

2019年3月~2021年9月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20211223110040p:plain

f:id:honyasu34:20211223110053p:plain

f:id:honyasu34:20211223110104p:plain

f:id:honyasu34:20211223110115p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2020年(通期)の営業キャッシュフローは、-6,800万円で、前年度からの増減額は、-11億1,500万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、-0.5%と、前年度の5.6%から悪化しました。

f:id:honyasu34:20211223110127p:plain

 

フリーキャッシュフローは、-2億6,700万円で、前年度からの増減額は、-7億8,700万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、-1.8%と、前年度の2.8%から悪化しました。

f:id:honyasu34:20211223110140p:plain

 

 

配当の推移

2020年(通期)の1株当たり配当金は、10円で、前年度からの増減額は、-10円となりました。

f:id:honyasu34:20211223110152p:plain


 

トーア紡コーポレーション(Toabo Corporation 、32040)の分析まとめ

2020年(通期)の売上高は、147億5,200万円(前年度比-39億1,700万円)、営業利益は2億7,000万円(前年度比-1億2,000万円)、純利益は1億8,400万円(前年度比+1,900万円)と、減収増益となりました。