株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】DNAチップ研究所(DNA Chip Research Inc.、23970)

f:id:Miki223:20211220134511p:plain




DNAチップ研究所の会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

DNAチップ研究所(DNA Chip Research Inc.、23970)
設立年月日:1999/04/01
本社所在地:東京
上場年月日:2004/03/18
証券コード:23970
ISINコード:JP3548590003
市場区分:第二部
業種:サービス業
決算期:3月31日
売買単位:100
時価総額:34億2,750万(2021年12月20日時点)
IR情報:https://www.dna-chip.co.jp/company/ir.html

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

社長ご挨拶/インタビュー
 昨今の遺伝子を中心としたバイオテクノロジーの進歩は目覚ましく、それらを利用した新しい発見や研究成果などから、医療分野への応用が広がっています。新型コロナウィルスに対するPCR検査や、RNAワクチンの開発などは、まさにこれらの研究を応用した画期的なバイオテクノロジーの成果であります。今後も、これらの技術の臨床応用が世の中へ広がっていくと思われます。
 一方で、世界的な超高齢化社会を迎えるにあたり、我々は、労働力の減少、年金や社会保障の問題など、様々な社会問題を抱えています。特に、国民医療費は年々増加し、国の財政の多くを占めており、これを解決するためには、より効果的な個別化医療と、予防医療のための(病気にならないための)新しい診断ツール開発が期待されています。

 DNAチップ研究所は設立以来、ライフサイエンス分野を通じて、遺伝子やゲノムのエキスパートとして優れた技術開発をしながら、世の中に役立つ、研究開発、商品開発を行い、サービスを展開してまいりました。これまで、国産初のDNAチップの開発を始めとして、DNAやRNAなどの核酸を中心とした様々な遺伝子解析技術の開発を行い、さらにそれらの技術を用いた医学研究、臨床研究に携わってまいりました。そして、現在の主力ビジネスである研究受託事業において、主に大学・病院、製薬企業・食品企業等における研究分野のサポートビジネスに注力してまいりましたが、今後はそれに加えて、長年培った技術を結集し、新しいビジネス、診断事業を展開してまいります。特に、肺癌を中心とする遺伝子検査サービスを早期に立ち上げ、これまで以上に、品質と効率を高めることに努力し、患者にやさしい、安全で安心なサービスを展開してまいります。
 そして、情報化時代に即した、最新の技術を取り入れるとともに、独自技術開発により、がん・免疫疾患・感染症・生活習慣病・精神疾患等の個別化医療実現を目指し、これからの未病社会において、誰もが健やかに、幸せに暮らせるための診断ツール開発を行ってまいります。

 皆さまにおかれましては、DNAチップ研究所にご期待いただき、引き続き、ご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

www.dna-chip.co.jp

 

 

 

売上高の推移

2021年(通期)の売上高は、3億2,400万円で、前年度からの増減額は、-3,700万円となりました。

 

f:id:Miki223:20211220134612p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:Miki223:20211220134625p:plain

 

f:id:Miki223:20211220134639p:plain

 

 

利益の推移

2021年(通期)の営業利益は、-1億7,200万円で、前年度からの増減額は、-4,900万円となりました。

営業利益率は、-53.1%と、前年度の-34.1%から悪化しました。

 

f:id:Miki223:20211220134652p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:Miki223:20211220134707p:plain

 

f:id:Miki223:20211220134716p:plain

 

f:id:Miki223:20211220134725p:plain

純利益は、-1億7,200万円で、前年度からの増減額は、-4,400万円となりました。

EPSは、-30円で、前年度からの増減額は、-5円となりました。

 

f:id:Miki223:20211220134737p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:Miki223:20211220134750p:plain

 

f:id:Miki223:20211220134800p:plain

 

f:id:Miki223:20211220134809p:plain

 

f:id:Miki223:20211220134818p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2021年(通期)の営業キャッシュフローは、-7600万円で、前年度からの増減額は、+1億8,300万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、-23.5%と、前年度の-71.7%から改善しました。

 

f:id:Miki223:20211220134828p:plain

 

フリーキャッシュフローは、-1億2,700万円で、前年度からの増減額は、+2億2,700万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、-39.2%と、前年度の-98.1%から改善しました。

 

f:id:Miki223:20211220134837p:plain

 

 

配当の推移

2021年(通期)の1株当たり配当金は、0円で、前年度からの増減額は、0円となりました。

 

f:id:Miki223:20211220134848p:plain


 

DNAチップ研究所(DNA Chip Research Inc.、23970)の分析まとめ

2021年(通期)の売上高は、3億2,400万円(前年度比-3,700万円)、営業利益は-1億7,200万円(前年度比-4,900万円)、純利益は-1億7,200万円(前年度比-4,400万円)と、減収減益となりました。