株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】ジェネレーションパス(GENERATION PASS CO.,LTD.、31950)

f:id:Miki223:20211221143633p:plain




ジェネレーションパスの会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

ジェネレーションパス(GENERATION PASS CO.,LTD.、31950)
設立年月日:2002/01/18
本社所在地:東京
上場年月日:2014/09/24
証券コード:31950
ISINコード:JP3386510006
市場区分:マザーズ
業種:小売業
決算期:10月31日
売買単位:100
時価総額:41億4,690万(2021年12月21日時点)
IR情報:https://www.genepa.com/ir/

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

トップメッセージ
当社は、平成26年9月24日に東京証券取引所マザーズ市場に上場いたしました。 株主、投資家の皆様には格別のご支援ならびにご愛顧を賜り、心からの御礼を申し上げます。
2002年1月に「世代を超えた、人と人との架け橋」になることをコンセプトとして誕生し、思い出写真のアーカイブ化及び映像化システムの製造販売を事業としてまいりました。
2007年には、「優良な商材を創る企業の思いを効率的に消費者へと伝える」を新たなコンセプトとし、独自のマーケティング手法に基づくビッグデータ収集・分析及びシステム開発を背景としたECマーケティング事業を立ち上げ、約70万点に及ぶ多種多ジャンルの商材を取扱い、現在に至るまで時代や市場の変化に対応した展開を続けております。
スマートフォンやタブレットの保持率、ECでの購入に抵抗のない若年者層の拡大等、消費におけるEC利用率の拡大など、当社はこのような市場背景を正確に捉えることにより、取扱商品数や取扱ジャンルを増加し、お客様の様々なニーズにお応えできるよう努めております。
「本気」でやる。 「本気」でやれば必ず道は開け、 「本気」でやれば何でも面白い。
そんな本気の社員の一人一人が持つ力を信じ、その力が充分に発揮される場所であり続けたいと考えており、三年前と現在、そしてこの先の三年後では、全く異なるジャンルにチャレンジしていても良い。そのような自由な発想と展開こそが人が創る企業であり、永続していくカンパニーであり続けると思っています。
自由な発想で革新的なアイデアを生み出し、挑戦し続け成長を続け、株主の皆様やお客様に信頼続けられるよう本気で挑み続けてまいります。
今後もご支援、ご指導のほど何卒よろしくお願い申し上げます。
 

www.genepa.com

 

 

売上高の推移

2020年(通期)の売上高は、125億9,700万円で、前年度からの増減額は、+29億3,100万円となりました。

 

f:id:Miki223:20211221143721p:plain

2019年1月~2021年4月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:Miki223:20211221143733p:plain

 

f:id:Miki223:20211221143742p:plain

 

 

利益の推移

2020年(通期)の営業利益は、2億円で、前年度からの増減額は、+2億円となりました。

営業利益率は、1.9%と、前年度の0.2%から改善しました。

 

f:id:Miki223:20211221143753p:plain

2019年1月~2021年4月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:Miki223:20211221143805p:plain

 

f:id:Miki223:20211221143814p:plain

 

f:id:Miki223:20211221143823p:plain

純利益は、1億1,200万円で、前年度からの増減額は、+1億円となりました。

EPSは、14円で、前年度からの増減額は、+13円となりました。

 

f:id:Miki223:20211221143836p:plain

2019年1月~2021年4月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:Miki223:20211221143847p:plain

 

f:id:Miki223:20211221143857p:plain

 

f:id:Miki223:20211221143906p:plain

 

f:id:Miki223:20211221143915p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2020年(通期)の営業キャッシュフローは、7億円で、前年度からの増減額は、+8億円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、6.1%と、前年度の-1.2%から改善しました。

 

f:id:Miki223:20211221143926p:plain

 

フリーキャッシュフローは、6億5,300万円で、前年度からの増減額は、+9億円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、5.2%と、前年度の-3.0%から改善しました。

 

f:id:Miki223:20211221143936p:plain

 

 

配当の推移

2020年(通期)の1株当たり配当金は、0円で、前年度からの増減額は、0円となりました。

 

f:id:Miki223:20211221143944p:plain


 

ジェネレーションパス(GENERATION PASS CO.,LTD.、31950)の分析まとめ

2020年(通期)の売上高は、125億9,700万円(前年度比+29億3,100万円)、営業利益は2億円(前年度比+2億円)、純利益は1億円(前年度比+1億円)と、増収増益となりました。