株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】ファンデリー(Fundely Co.,Ltd.、31370)

f:id:Miki223:20211221111032p:plain


ファンデリーの会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

ファンデリー(Fundely Co.,Ltd.、31370)
設立年月日:2000/09/25
本社所在地:東京
上場年月日:2015/06/25
証券コード:31370
ISINコード:JP3802970008
市場区分:マザーズ
業種:小売業
決算期:3月31日
売買単位:100
時価総額:36億8,078万(2021年12月21日時点)
IR情報:https://www.fundely.co.jp/ir

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

豊かな未来社会に貢献する

平素より格別なるご支援を賜り厚く御礼申し上げます。

Youtubeコマース始動
当社初の工場である、『旬すぐファクトリー2020』が完成しました。
新工場では『旬をすぐに』を製造します。 皆様への商品紹介はYoutubeを利用して行ってまいります。

① 旬チューバー    ・・・旬チューバーがライブ配信で新商品を紹介
② 旬すぐファクトリー2020    ・・・生産者や工場の情報について発信
③ 旬すぐメニューCHANNEL    ・・・メニューのご紹介
これまでのECは、写真やテキストによる情報発信が中心でしたが、
これからの時代は映像により商品の魅力を伝える時代です。
是非、動画をご覧ください。

ミールタイムの強み
MFD事業であるミールタイムには、2つの強みがあります。

1つ目は、2万か所を超える医療機関ネットワークを活用したモデルにより、
新規顧客の獲得にて優位な状況が確立していることです。

2つ目は、お電話には100%栄養士が応対し、カウンセリングを行うことです。
ミールタイムはメディカルなお食事ですので、医療機関で指示が出ている
食事制限に基づいて、当社栄養士がお一人お一人にピッタリなお食事を提案し、
その食事で効果的にコントロールできているかを確認するPDCAが必要です。

例えば、糖尿病の食事療法は、30代男性と60代女性では異なるケースが殆どです。
ミールタイムはインターネットで販売してサービスが終了という考えは持っておりません。
お電話でもインターネットでも、当社栄養士に栄養に関するご相談を行って頂き、
効果的な食事コントロールを継続できるよう寄りそってまいります。

第三の柱であるメディア事業
マーケティング事業において、MFD事業・医療機関ネットワーク・栄養士ネットワークを、
有機的に連携させたオリジナリティのあるビジネスモデルを構築してきました。

このヘルスケアビジネスにおけるマネタイズノウハウを活かし、
新しいインターネットビジネスを創出してまいります。
メディア事業部を新設し、当社第三の柱に育てます。

(参考資料) 中期経営計画(2018年度~2022年度)Will 2022

世界中の人々の健康を応援する企業になる
現在、当社の事業は、国内において展開しております。

ヘルスケア総合企業を志向している当社は、食の分野に留まらず、
様々な商品・情報・サービスをお客様にお届けし拡大を続けます。
そして、世界中の人々の健康的な毎日に貢献できる企業に成長していきます。

あらゆるステークホルダーの皆様のご期待に添えますよう、
企業理念のビジョンにある「一人でも多くのお客様に」という想いにこだわり、
着実に前進してまいります。

今後とも、格別のご理解とご支援を賜りますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

www.fundely.co.jp

 

 

 

 

売上高の推移

2021年(通期)の売上高は、30億6,200万円で、前年度からの増減額は、-2億円となりました。

 

f:id:Miki223:20211221111139p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:Miki223:20211221111150p:plain

 

f:id:Miki223:20211221111159p:plain

 

 

利益の推移

2021年(通期)の営業利益は、9,994億4,700万円で、前年度からの増減額は、-10億9,200万円となりました。

営業利益率は、-18.1%と、前年度の16.1%から悪化しました。

 

f:id:Miki223:20211221111212p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:Miki223:20211221111224p:plain

 

f:id:Miki223:20211221111247p:plain

 

f:id:Miki223:20211221111255p:plain

純利益は、9996億2,600万円で、前年度からの増減額は、-7億円となりました。

EPSは、-59円で、前年度からの増減額は、-113円となりました。

 

f:id:Miki223:20211221111305p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:Miki223:20211221111316p:plain

 

f:id:Miki223:20211221111325p:plain

 

f:id:Miki223:20211221111334p:plain

 

f:id:Miki223:20211221111343p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2021年(通期)の営業キャッシュフローは、9,997億2,200万円で、前年度からの増減額は、-4億円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、-9.1%と、前年度の6.1%から悪化しました。

 

f:id:Miki223:20211221111354p:plain

 

フリーキャッシュフローは、9990億5,500万円で、前年度からの増減額は、+29億4,200万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、-30.9%と、前年度の-116.1%から改善しました。

 

f:id:Miki223:20211221111403p:plain

 

 

配当の推移

2021年(通期)の1株当たり配当金は、3円で、前年度からの増減額は、0円となりました。

 

f:id:Miki223:20211221111413p:plain


 

ファンデリー(Fundely Co.,Ltd.、31370)の分析まとめ

2021年(通期)の売上高は、30億6,200万円(前年度比-2億円)、営業利益は9,994億4,700万円(前年度比-10億9,200万円)、純利益は9,996億2,600万円(前年度比-7億円)と、減収減益となりました。