株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】フィールズ株式会社(FIELDS CORPORATION、27670)

f:id:honyasu34:20211126134529p:plain


フィールズの会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

フィールズ(FIELDS CORPORATION、27670)
設立年月日:1988/06/10
本社所在地:東京
上場年月日:2013/07/16
証券コード:27670
ISINコード:JP3802680003
市場区分:第一部
業種:卸売業
決算期:3月31日
売買単位:100
時価総額:184億6,040万(2021年12月1日時点)
IR情報:https://www.fields.biz/ir/j/press/

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

株主・投資家の皆様には、平素より格別のご支援・ご高配を賜り、誠にありがとうございます。
はじめに、この度の新型コロナウイルス感染症に罹患された方とそのご家族、関係者の皆様に、心からお見舞い申し上げます。また、感染拡大防止に日々ご尽力をいただいている皆様には、深く感謝を申し上げます。

当社グループは、アフターコロナ/ウィズコロナ時代に人々に求められる娯楽・余暇の在り方の変化を前向きにとらえ、企業理念である「すべての人に最高の余暇を」のもと、「パチンコ・パチスロ事業」(以下、「PS事業」)と「IP事業」の2つの大きな柱に事業ドメインを再構成します。そして、「成熟市場下での安定的なPS事業の基盤構築」と「IP企業へのシフト」を推し進める新たな中期事業戦略を構築している最中であります。

PS事業については、今後の環境変化に即した商品企画・開発、マーケティングプロモーション、販売、保守に至る活動プロセスの根本的な見直しを行い、そのプロセスをDX(デジタル・トランスフォーメーション)化していくことで、成熟市場においても効率的に収益を確保し、持続的な成長が可能な事業基盤を構築してまいります。

IP事業については、中期事業戦略に基づき、引き続き(株)円谷プロダクションと(株)デジタル・フロンティアの2社をグローバルなIP企業として育成することにフォーカスしてまいります。特に、(株)円谷プロダクションについては、2018年からの同社の中期事業戦略に基づき仕込んできた「大型新規IPの開発、およびそのフランチャイズ化」「デジタル領域へのシフト」「中国・アジア・北米を中心とした海外展開」が進捗しています。
これら世界的にもニーズがあり成長余力の大きな円谷プロダクションのIPを新たなビジネスモデルと共に育てることにフォーカスし、そこで得られた知見や仕組みを次のステップで拡張・横展開することによって、当社グループがIP企業にシフトしていく展望を持っています。

これらの取り組みを通じて、グループ全体の持続的な成長を続けてまいります。
今後も当社は、「すべての人に最高の余暇を」という企業理念に基づき、世の中に感動や興奮をもたらす優れたエンタテインメントを創造し、社会全体の幸せに寄与する企業を目指してまいります。皆様からのご期待に応えるべくグループを挙げて精進してまいりますので、引き続き倍旧のご支援とご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

www.fields.biz

 

 

売上高の推移

2021年(通期)の売上高は、387億9,600万円で、前年度からの増減額は、-277億9,100万円となりました。

f:id:honyasu34:20211126134543p:plain

2019年6月~2021年9月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20211126134555p:plain

f:id:honyasu34:20211126134610p:plain

 

 

利益の推移

2021年(通期)の営業利益は、-22億4,100万円で、前年度からの増減額は、-29億5,400万円となりました。

営業利益率は、-5.8%と、前年度の1.1%から悪化しました。

f:id:honyasu34:20211126134621p:plain

2019年6月~2021年9月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20211126134633p:plain

f:id:honyasu34:20211126134643p:plain

f:id:honyasu34:20211126134654p:plain

純利益は、-34億5,200万円で、前年度からの増減額は、-39億4,200万円となりました。

EPSは、-106円で、前年度からの増減額は、-121円となりました。

f:id:honyasu34:20211126134705p:plain

2019年6月~2021年9月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20211126134716p:plain

f:id:honyasu34:20211126134726p:plain

f:id:honyasu34:20211126134737p:plain

f:id:honyasu34:20211126134747p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2021年(通期)の営業キャッシュフローは、36億9,200万円で、前年度からの増減額は、+61億1,900万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、9.5%と、前年度の-3.6%から改善しました。

f:id:honyasu34:20211126134757p:plain

 

フリーキャッシュフローは、26億2,000万円で、前年度からの増減額は、+41億7,100万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、6.8%と、前年度の-2.3%から改善しました。

f:id:honyasu34:20211126134807p:plain

 

 

配当の推移

2021年(通期)の1株当たり配当金は、10円で、前年度からの増減額は、0円となりました。

f:id:honyasu34:20211126134818p:plain


 

フィールズ(FIELDS CORPORATION、27670)の分析まとめ

2021年(通期)の売上高は、387億9,600万円(前年度比-277億9,100万円)、営業利益は-22億4,100万円(前年度比-29億5,400万円)、純利益は-34億5,200万円(前年度比-39億4,200万円)と、減収減益となりました。