株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】JFEシステムズ(JFE Systems, Inc.、48320)

 

f:id:mmm3k:20211125111209p:plain


JFEシステムズの会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

"

JFEシステムズ(JFE Systems, Inc. 、48320)
設立年月日:1983/09/01
本社所在地:東京
上場年月日:2001/03/08
証券コード:48320
ISINコード:JP3226650004
市場区分:第二部
業種:情報・通信業
決算期:3月31日
売買単位:100
時価総額:271億3,997万(2021年11月25日時点)
IR情報:https://www.jfe-systems.com/ir/

"

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

 

社長ご挨拶

 

お客様のサクセスが私たちの誇りです Good relation, Good solution

当社は1983年に川崎製鉄株式会社(現JFEスチール株式会社)の情報システム部門から独立し設立されたユーザー系情報システム会社です。35年以上に渡り、情報システムの企画から設計、開発、保守、運用までトータルでご提供し、お客様の業務改革をサポートしてまいりました。

その間、東京証券取引所市場第二部上場、株式会社エクサからのJFEスチール・JFEグループ会社向けアプリケーション開発・保守事業承継を経て、現在ではグループ全体で従業員数約1,800名、売上高465億円に達する規模となりました。

"カスタマーオリエンテッド"の精神

私たちは「お客様のサクセスが私たちの誇り」をモットーに、

  • コミュニケーションを深め、お客様の課題の本質を理解してベストソリューションを提供すること
  • 経営の視点でご提案し、お客様の変革を迅速にサポートすること
  • システムを構築するだけでなく、システムを活かし、お客様に成果を出していただくこと

を目指して事業を行っています。
このカスタマーオリエンテッドの精神が、私たちのビジネスの原点です。

"ユーザー系システムインテグレーター"の経験

JFEスチールのシステム開発・運用に携わる中で、技術革新・品質改善を行い、鉄鋼会社の広範囲な業務に24時間365日対応してきた実績を基に事業拡大を図りました。

中でも、現在構築が進められているJFEスチール4製鉄所を含む国内全生産拠点の基幹システムを統合する「製鉄所システムリフレッシュプロジェクト」は、IoTなどのデジタル技術も活用し、納期短縮や品質向上を目指した国内製造業初の巨大プロジェクトです。

こうして得た技術・ノウハウを基に、現在では自動車産業やプロセス産業をはじめとする製造業や、流通・金融・食品業など、様々な分野のお客様に役立つシステムを提供しています。

"独自の自社開発プロダクト"を展開

様々なお客様の基幹システムを構築してきた経験を活かし、それまでスクラッチ開発を行ってきた周辺システムのパッケージ化を進め、様々な独自プロダクトを生み出しました。

20年以上前から展開してきたプロダクトビジネスは、現在、JFEスチール向けシステム構築を担ってきた経験を活かしてパッケージ化した原価管理システム、調達システムをはじめ、基盤技術、データベース技術をベースにした電子帳票、食品品質情報管理システムなど、豊富なラインナップとなっています。

"ERP複合ソリューション"を提供

私たちはお客様の変革をサポートするために、ERPを中核にERPテンプレート群や様々な周辺ソリューションを組み合わせたトータルソリューションをご提案しています。ERPの高度な知見を持つ社員が、最適なプロダクトを活用し、お客様の業務プロセスに沿った使い勝手の良いシステムを構築します。

JFEシステムズはこれからも、信頼される真のパートナーを目指し、情報システムを通じてお客様に新たな価値と満足を提供する努力を続け、事業を展開します。

 

代表取締役社長

大木哲夫

www.jfe-systems.com

 

 

売上高の推移

2021年(通期)の売上高は、464億6,800万円で、前年度からの増減額は、-14億8,500万円となりました。

 

f:id:mmm3k:20211125111250p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:mmm3k:20211125111305p:plain

 

f:id:mmm3k:20211125111317p:plain

 

 

利益の推移

2021年(通期)の営業利益は、46億6,600万円で、前年度からの増減額は、-1億円となりました。

営業利益率は、10.0%と、前年度の10.0%から改善しました。

 

f:id:mmm3k:20211125111330p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:mmm3k:20211125111401p:plain

 

f:id:mmm3k:20211125111413p:plain

 

f:id:mmm3k:20211125111422p:plain

純利益は、30億8,600万円で、前年度からの増減額は、-9,500万円となりました。

EPSは、196円で、前年度からの増減額は、-6円となりました。

 

f:id:mmm3k:20211125111434p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:mmm3k:20211125111444p:plain

 

f:id:mmm3k:20211125111458p:plain

 

f:id:mmm3k:20211125111507p:plain

 

f:id:mmm3k:20211125111515p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2021年(通期)の営業キャッシュフローは、60億9,000万円で、前年度からの増減額は、+8,400万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、13.1%と、前年度の12.5%から改善しました。

 

f:id:mmm3k:20211125111524p:plain

 

フリーキャッシュフローは、49億9,500万円で、前年度からの増減額は、+17億4,600万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、10.7%と、前年度の6.8%から改善しました。

 

f:id:mmm3k:20211125111533p:plain

 

 

配当の推移

2021年(通期)の1株当たり配当金は、120円で、前年度からの増減額は、0円となりました。

 

f:id:mmm3k:20211125111541p:plain


 

"

JFEシステムズ(JFE Systems, Inc. 、48320)の分析まとめ

"

2021年(通期)の売上高は、464億6,800万円(前年度比-14億8,500万円)、営業利益は46億6,600万円(前年度比-1億円)、純利益は30億8,600万円(前年度比-9,500万円)と、減収減益となりました。