株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】図研エルミック(ZUKEN ELMIC,INC.、47700)

 

f:id:mmm3k:20211125102959p:plain


図研エルミックの会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

"

図研エルミック(ZUKEN ELMIC,INC. 、47700)
設立年月日:1977/04/30
本社所在地:神奈川
上場年月日:2000/07/25
証券コード:47700
ISINコード:JP3167800006
市場区分:第二部
業種:情報・通信業
決算期:3月31日
売買単位:100
時価総額:19億6,719万(2021年11月25日時点)
IR情報:https://www.elwsc.co.jp/ir_report/

"

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

 

社長あいさつ

 

 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 この1年は、新型コロナウィルス感染症拡大という不測の事態において、お客様の開発プロジェクトの見送りや延期などが数多く発生し、当社製品の採用も見送りとなるなど、大変厳しい事業環境で推移致しました。
 依然として先行きが不透明な事業環境ではありますが、5GやDXなどニューノーマルを支える技術革新の流れは加速しており、当社のStreaming技術に対するニーズの高まりを感じております。社会情勢や事業環境が急速に変化する中、今後、当社が注力すべき技術の再定義、リソースの再構成を実施し、当社の強みを活かし、安定した収益基盤の確立と継続的な事業拡大を目指す、事業方針「Streaming エンジニアリング・サービス」を決定し、取り組みを開始いたしました。

 

Streaming エンジニアリング・サービス

 当社は、図研エルミックとしてスタートした2009年からStreaming技術を使った開発業務の請負や関連製品の提供に取り組んで参りました。当社のStreaming技術は、特に監視システム開発において多くのお客様から評価をいただき、更に、車載分野・FA分野・医療分野などにおける映像活用などのニーズにも対応してきた結果、多くの開発実績とお客様からの評価を積み上げております。
 事業方針「Streaming エンジニアリング・サービス」は、当社の強みであるStreaming技術を、エンジニアリング・サービス(開発業務)や関連製品として提供し、Streaming技術のプロフェッショナルな開発パートナーとして、お客様の開発プロジェクトを継続的に担うことを目指しております。
 特に、定常的に引き合いがあり、安定的に売上規模の拡大が期待できるエンジニアリング・サービス(開発業務)の規模拡大を強力に推進し、継続的な事業の成長に取り組んで参ります。
 また、IoTシステムベンダーやAIベンダーとの協業を推進し、システム開発やソリューション提供を行う、新たな顧客層への提案を強化し、顧客層の拡大にも取り組んで参ります。

 「Streamingエンジニアリング・サービス」を強力に推進し、継続的な事業の成長と企業価値の向上に、努力を重ねて参ります。今後とも一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

 2021年6月

 

代表取締役社長  朝倉 尉

www.elwsc.co.jp

 

 

 

 

 

売上高の推移

2021年(通期)の売上高は、6億円で、前年度からの増減額は、-1億円となりました。

 

f:id:mmm3k:20211125103040p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:mmm3k:20211125103054p:plain

 

f:id:mmm3k:20211125103117p:plain

 

 

利益の推移

2021年(通期)の営業利益は、9999億円で、前年度からの増減額は、-6,500万円となりました。

営業利益率は、-10.0%と、前年度の0.4%から悪化しました。

 

f:id:mmm3k:20211125103146p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:mmm3k:20211125103208p:plain

 

f:id:mmm3k:20211125103228p:plain

 

f:id:mmm3k:20211125103237p:plain

純利益は、9999億1,800万円で、前年度からの増減額は、-7,300万円となりました。

EPSは、-13円で、前年度からの増減額は、-12円となりました。

 

f:id:mmm3k:20211125103253p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:mmm3k:20211125103307p:plain

 

f:id:mmm3k:20211125103316p:plain

 

f:id:mmm3k:20211125103327p:plain

 

f:id:mmm3k:20211125103337p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2021年(通期)の営業キャッシュフローは、9999億円で、前年度からの増減額は、-6,400万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、-7.6%と、前年度の2.2%から悪化しました。

 

f:id:mmm3k:20211125103347p:plain

 

フリーキャッシュフローは、9999億4,600万円で、前年度からの増減額は、-5,600万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、-8.8%と、前年度の0.3%から悪化しました。

 

f:id:mmm3k:20211125103356p:plain

 

 

配当の推移

2021年(通期)の1株当たり配当金は、0円で、前年度からの増減額は、0円となりました。

 

f:id:mmm3k:20211125103406p:plain


 

図研エルミック(ZUKEN ELMIC,INC. 、47700)の分析まとめ

2021年(通期)の売上高は、6億円(前年度比-1億円)、営業利益は9999億円(前年度比-6,500万円)、純利益は9999億円(前年度比-7,300万円)と、減収減益となりました。