株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】株式会社シー・ヴイ・エス・ベイエリア(CVS Bay Area Inc. 、26870)

f:id:honyasu34:20211122144300p:plain


シー・ヴイ・エス・ベイエリアの会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

シー・ヴイ・エス・ベイエリア(CVS Bay Area Inc. 、26870)
設立年月日:1951/01/11
本社所在地:千葉
上場年月日:2002/10/02
証券コード:26870
ISINコード:JP3346250008
市場区分:第一部
業種:小売業
決算期:2月末日
売買単位:100
時価総額:20億2,560万(2021年11月22日時点)
IR情報:http://www.cvs-bayarea.co.jp/ir/irnews.html

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

社長メッセージ 

 平素より格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

 1981年、コンビニエンス事業を立ち上げました当社は、「日常生活の便利さ」を追求し、そのサービスを提供することで、今日まで成長を続けてまいりました。当社主力事業も、コンビニエンス事業から宿泊事業へと変貌を遂げるとともに、 グループ企業の成長により、クリーニング・リネン事業や、マンションコンシェルジュから端を発した人材ソリューション事業など、生活分野以外の事業についても拡大展開しております。グループ全体として、事業の幅が広がるなか、「便利さ」の追求にゆるぎはないものの、 「日常生活」というフィールドは、時間の経過とともに、いささか現業との乖離を生んでしまったのが実情です。そのため、従来の経営理念を継承しつつも、さらに発展させていく必要があると判断いたしました。
 今後は、当社グループ共通の理念として、「生活のなかで彩りを感じて頂く、新しいサービスを発見し、創造し、提供する」企業となるべく、歩みを進めてまいります。当社グループは、お客様が生活を営む上で必要不可欠なこと、それは「喜ぶこと、楽しむこと、そして明日への希望を抱くことである」と考えています。 当社の存在意義は「お客様の気持ちを、光あふれる明るい方向へと向ける、そのようなサービスを実現すること」にこそあります。この価値観を、従業員一同が共有することで、今後も成長を遂げていく所存です。
 もちろん「便利さ」の追求は、当社創業以来の社是でございます。企業理念の言葉からは外れたとしても、その精神は当然ながら抱き続け、未来へと受け継いでまいります。

 新たな時代への変化が訪れようとしている昨今ではございますが、お客様を大切に思う気持ちに変化はございません。今後の当社および当社グループの活動にご期待いただき、これまで同様、末永くご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

株式会社シー・ヴイ・エス・ベイエリア
代表取締役社長 泉澤 摩利雄

www.cvs-bayarea.co.jp

 

 

売上高の推移

2021年(通期)の売上高は、73億1,800万円で、前年度からの増減額は、-31億900万円となりました。

f:id:honyasu34:20211122144316p:plain

2019年5月~2021年8月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20211122144327p:plain

f:id:honyasu34:20211122144340p:plain

 

 

利益の推移

2021年(通期)の営業利益は、-5億4,600万円で、前年度からの増減額は、-5億8,300万円となりました。

営業利益率は、-7.5%と、前年度の0.4%から悪化しました。

f:id:honyasu34:20211122144404p:plain

2019年5月~2021年8月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20211122144416p:plain

f:id:honyasu34:20211122144426p:plain

f:id:honyasu34:20211122144437p:plain

純利益は、-11億6,000万円で、前年度からの増減額は、-7億5,900万円となりました。

EPSは、-235円で、前年度からの増減額は、-154円となりました。

f:id:honyasu34:20211122144351p:plain

2019年5月~2021年8月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20211122144500p:plain

f:id:honyasu34:20211122144511p:plain

f:id:honyasu34:20211122144521p:plain

f:id:honyasu34:20211122144532p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2021年(通期)の営業キャッシュフローは、1億2,000万円で、前年度からの増減額は、+18億6,500万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、1.6%と、前年度の-16.7%から改善しました。

f:id:honyasu34:20211122144544p:plain

 

フリーキャッシュフローは、-2億2,100万円で、前年度からの増減額は、+25億3,700万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、-3.0%と、前年度の-26.5%から改善しました。

f:id:honyasu34:20211122144555p:plain

 

 

配当の推移

2021年(通期)の1株当たり配当金は、14円で、前年度からの増減額は、-6円となりました。

f:id:honyasu34:20211122144609p:plain


 

シー・ヴイ・エス・ベイエリア(CVS Bay Area Inc. 、26870)の分析まとめ

2021年(通期)の売上高は、73億1,800万円(前年度比-31億900万円)、営業利益は-5億4,600万円(前年度比-5億8,300万円)、純利益は-11億6,000万円(前年度比-7億5,900万円)と、減収減益となりました。