株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】川上塗料(KAWAKAMI PAINT MANUFACTURING CO.,LTD.、46160)

 

f:id:mmm3k:20211117103359p:plain


川上塗料の会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

川上塗料(KAWAKAMI PAINT MANUFACTURING CO.,LTD.、46160)
設立年月日:1945/01/20
本社所在地:兵庫
上場年月日:2013/07/16
証券コード:46160
ISINコード:JP3221800000
市場区分:第二部
業種:化学
決算期:11月30日
売買単位:100
時価総額:15億9,100万(2021年11月17日時点)
IR情報:http://www.kawakami-paint.co.jp/kessan.html

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

 

社長メッセージ 

2020年11月期(第106期)は未曽有の新型コロナウイルス感染拡大の影響があり、製造業全体の稼働率が落ち、当社としても過去に例がないほど売上が減少しました。 取引先の需要が大幅に減退する中、既存取引先各社との関係強化や新規需要の掘り起こしに尽力し、不要不急の経費削減を敢行して業績の悪化に対処することで、 連結決算では最終損益は若干の損失であったものの、個別決算では利益を確保しました。

 今後につきましては、新型コロナウイルス感染症の収束時期等を予測することは困難な状況にあり、 景気は不透明な状況が続く見込みではありますが、引き続き将来に向けての新製品の研究・開発や新しい市場開拓に注力し、また、 不要な経費の削減を行い財務基盤の強化に努めてまいります。

 今は会社力を上げる機会ととらえ、当社の経営の基本理念「人と技術で豊かな未来を創造しよう」 「地球にやさしさを、暮らしに彩りを、お客様に満足を」に立ち返り、当社の強みである「お客様に寄り添う姿勢」「スピード感ある対応」「次につながる提案」を より強めるために、全社員が問題意識を持って主体的に行動し、お客様に満足いただける製品・環境に配慮した製品の提供を目指して技術力を高めるとともに、 生産の合理化や自動化の検討を進め製造原価の低減に取組んでまいります。

今後とも一層のご愛顧、ご支援を賜りますようにお願い申し上げます。

 

www.kawakami-paint.co.jp



 

 

売上高の推移

2020年(通期)の売上高は、48億8,000万円で、前年度からの増減額は、-8億円となりました。

 

f:id:mmm3k:20211117103440p:plain

2019年2月~2021年5月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:mmm3k:20211117103628p:plain

 

f:id:mmm3k:20211117103710p:plain

 

 

利益の推移

2020年(通期)の営業利益は、9999億円で、前年度からの増減額は、-2億円となりました。

営業利益率は、-1.3%と、前年度の3.6%から悪化しました。

 

f:id:mmm3k:20211117103852p:plain

2019年2月~2021年5月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:mmm3k:20211117103916p:plain

 

f:id:mmm3k:20211117103935p:plain

 

f:id:mmm3k:20211117103950p:plain

純利益は、9999億9,800万円で、前年度からの増減額は、-2億円となりました。

EPSは、-3円で、前年度からの増減額は、-202円となりました。

 

f:id:mmm3k:20211117104007p:plain

2019年2月~2021年5月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:mmm3k:20211117104038p:plain

 

f:id:mmm3k:20211117104137p:plain

 

f:id:mmm3k:20211117104157p:plain

 

f:id:mmm3k:20211117104206p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2020年(通期)の営業キャッシュフローは、1億円で、前年度からの増減額は、-1億円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、3.9%と、前年度の5.5%から悪化しました。

 

f:id:mmm3k:20211117104230p:plain

 

フリーキャッシュフローは、1,800万円で、前年度からの増減額は、-1億円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、0.4%と、前年度の2.1%から悪化しました。

 

f:id:mmm3k:20211117104240p:plain

 

 

配当の推移

2020年(通期)の1株当たり配当金は、25円で、前年度からの増減額は、0円となりました。

 

f:id:mmm3k:20211117104249p:plain


 

川上塗料(KAWAKAMI PAINT MANUFACTURING CO.,LTD.、46160)の分析まとめ

2020年(通期)の売上高は、48億8,000万円(前年度比-8億円)、営業利益は9999億円(前年度比-2億円)、純利益は9,999億9,800万円(前年度比-2億円)と、減収減益となりました。