株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】森下仁丹(MORISHITA JINTAN CO.,LTD.、45240)

 

f:id:mmm3k:20211115131320p:plain


森下仁丹の会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

森下仁丹(MORISHITA JINTAN CO.,LTD.、45240)
設立年月日:1936/11/28
本社所在地:大阪
上場年月日:1961/10/02
証券コード:45240
ISINコード:JP3924400009
市場区分:第二部
業種:医薬品
決算期:3月31日
売買単位:100
時価総額:79億3,480万(2021年11月15日時点)
IR情報:https://www.jintan.co.jp/corp/ir/

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

 

社長メッセージ 

日頃は、弊社製品をご愛顧賜りまして、誠に有り難うございます。

業祖 森下博が「社会への奉仕」を信念とし、1893年の創業来、人々の健康や豊かな暮らしの一助となる製品をご提供して参りました。 当時、懐中の総合保健薬として開発し、その後は口中清涼剤として親しまれる銀粒の「仁丹」、その製造から着想を得て、独自に開発し事業領域を拡大しつつある「シームレスカプセル技術」と、これまでの生薬研究の蓄積と独自技術の確立・育成を通して、弊社は幅広い領域で企業活動を行なっています。

ヘルスケア事業分野においては、安心・安全は当然ながら、特長を持ち、「健康寿命の延伸」に貢献できる、お客さまに寄り添った製品やサービスを、グローバルに提供し続けます。また、カプセル事業分野においては、「市場創造型の受託企業」として、更なる技術革新による価値提供への挑戦を継続します。

人々の生活様式や価値観は変化し、過去に比して、目覚ましい技術革新による利便性の向上が垣間見える現代においても、高い志と独自性、スピード感を持ち、引き続き、従業員一丸となって「社会課題の解決」に向けて邁進し、更に社会から必要とされる存在となれますよう、力を尽くして参ります。

尚一層のご指導、ご鞭撻を、衷心よりお願い申し上げます。

代表取締役社長森下雄司

www.jintan.co.jp

 

 

 

売上高の推移

2021年(通期)の売上高は、94億2,900万円で、前年度からの増減額は、-3億円となりました。

 

f:id:mmm3k:20211115131405p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:mmm3k:20211115131535p:plain

 

f:id:mmm3k:20211115131556p:plain

 

 

利益の推移

2021年(通期)の営業利益は、2億円で、前年度からの増減額は、-2億円となりました。

営業利益率は、2.4%と、前年度の4.6%から悪化しました。

 

f:id:mmm3k:20211115131620p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:mmm3k:20211115131632p:plain

 

f:id:mmm3k:20211115131656p:plain

 

f:id:mmm3k:20211115131710p:plain

純利益は、2億600万円で、前年度からの増減額は、-1億円となりました。

EPSは、51円で、前年度からの増減額は、-28円となりました。

 

f:id:mmm3k:20211115131743p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:mmm3k:20211115131814p:plain

 

f:id:mmm3k:20211115131829p:plain

 

f:id:mmm3k:20211115131851p:plain

 

f:id:mmm3k:20211115131903p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2021年(通期)の営業キャッシュフローは、8億円で、前年度からの増減額は、+6,700万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、9.2%と、前年度の8.2%から改善しました。

 

f:id:mmm3k:20211115131917p:plain

 

フリーキャッシュフローは、3億6,900万円で、前年度からの増減額は、+7,000万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、3.9%と、前年度の3.1%から改善しました。

 

f:id:mmm3k:20211115131933p:plain

 

 

配当の推移

2021年(通期)の1株当たり配当金は、38円で、前年度からの増減額は、0円となりました。

 

f:id:mmm3k:20211115131957p:plain


 

森下仁丹(MORISHITA JINTAN CO.,LTD.、45240)の分析まとめ

2021年(通期)の売上高は、94億2,900万円(前年度比-3億円)、営業利益は2億円(前年度比-2億円)、純利益は2億円(前年度比-1億円)と、減収減益となりました。