株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】亀田製菓株式会社(KAMEDA SEIKA CO.,LTD.、22200)

f:id:honyasu34:20211101111415p:plain


亀田製菓の会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

亀田製菓(KAMEDA SEIKA CO.,LTD.、22200)
設立年月日:1957/08/26
本社所在地:新潟
上場年月日:2000/03/01
証券コード:22200
ISINコード:JP3219800004
市場区分:第一部
業種:食料品
決算期:3月31日
売買単位:100
時価総額:1,054億5,562万(2021年11月1日時点)
IR情報:https://www.kamedaseika.co.jp/cs/?p=company.ir.irIndex

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

持続的な成長と企業価値向上を目指して

 

日頃より「亀田のあられ・おせんべい」をご愛顧いただき、心からお礼申し上げます。

「男性はどぶろくで気晴らしが出来るが、女性や子供には楽しみといえるものがない」。戦後の食糧難の時代、「生活に喜びと潤いをお届けしたい」という想いで創業者古泉榮治はお菓子の製造を始めました。

以来、当社は一貫して日本の食の基本である「お米」を素材とし、お客様に愛される米菓をつくり続けております。1975年に米菓売上高日本一となった後も常に根幹には創業の精神を宿し続け、お菓子本来の役割である、「おいしさ」と「喜び」をお客様に提供することを使命としております。当社の基幹事業である米菓は、日本の食文化の中心にあるお米を原料とした伝統的なお菓子であると同時に、海外でも急速に市場が拡大しているビジネスです。お米は低アレルギーの素材として世界的に注目を集めており、米菓もまた、そうした健康志向を背景にアメリカを中心とした世界で急速に普及し、今後も更なる成長が期待できます。

そして今後は、食品企業を取り巻く環境変化を踏まえ、“美味しく からだに良いものを選び、食べ、楽しむ、健やかなライフスタイルへの貢献”を示す“Better For You”の観点からお客様価値を提供し、その趣旨を追求してまいります。2030年度には、“あられ、おせんべいの製菓業”から“Better For You の食品業”へと進化すべく、持続的な成長と企業価値の向上に取り組んでまいります。

亀田製菓グループはこれからも創業の心を胸に、お客様に愛される安全・安心な商品をつくり続けるとともに、お客様やお取引先の皆様とのコミュニケーションを深め、信頼されるブランドを目指してまいります。

皆様におかれましては、今後とも変わらぬご支援をお願いいたします。

www.kamedaseika.co.jp

 

売上高の推移

2021年(通期)の売上高は、1,033億500万円で、前年度からの増減額は、-5億円となりました。

f:id:honyasu34:20211101111434p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20211101111448p:plain

f:id:honyasu34:20211101111504p:plain

 

 

利益の推移

2021年(通期)の営業利益は、56億2,000万円で、前年度からの増減額は、-1億円となりました。

営業利益率は、5.4%と、前年度の5.6%から悪化しました。

f:id:honyasu34:20211101111520p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20211101111537p:plain

f:id:honyasu34:20211101111551p:plain

f:id:honyasu34:20211101111607p:plain

純利益は、47億5,700万円で、前年度からの増減額は、+2億円となりました。

EPSは、226円で、前年度からの増減額は、+14円となりました。

f:id:honyasu34:20211101111620p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20211101111635p:plain

f:id:honyasu34:20211101111653p:plain

f:id:honyasu34:20211101111705p:plain

f:id:honyasu34:20211101111718p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2021年(通期)の営業キャッシュフローは、86億7,100万円で、前年度からの増減額は、+6億円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、8.4%と、前年度の7.8%から改善しました。

f:id:honyasu34:20211101111735p:plain

 

フリーキャッシュフローは、23億3,400万円で、前年度からの増減額は、+19億1,700万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、2.3%と、前年度の0.4%から改善しました。

f:id:honyasu34:20211101111750p:plain

 

 

配当の推移

2021年(通期)の1株当たり配当金は、53円で、前年度からの増減額は、+1円となりました。

f:id:honyasu34:20211101111809p:plain


 

亀田製菓(KAMEDA SEIKA CO.,LTD.、22200)の分析まとめ

2021年(通期)の売上高は、1,033億500万円(前年度比-5億円)、営業利益は56億2,000万円(前年度比-1億円)、純利益は47億5,700万円(前年度比+2億円)と、減収増益となりました。