株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】森永製菓株式会社(Morinaga & Co.,Ltd.、22010)

f:id:honyasu34:20211028133944p:plain


森永製菓の会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

森永製菓(Morinaga & Co.,Ltd.、22010)
設立年月日:1910/02/23
本社所在地:東京
上場年月日:1949/05/16
証券コード:22010
ISINコード:JP3926400007
市場区分:第一部
業種:食料品
決算期:3月31日
売買単位:100
時価総額:2,145億9,149万(2021年10月28日時点)
IR情報:https://www.morinaga.co.jp/company/ir/

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

森永製菓は1899年に菓子製造業として創業し、120年を超える歴史の中で、たくさんのチャレンジをしてまいりました。
1800年代後半の栄養が満たされた状態ではなく西洋菓子文化もなかった日本に、おいしくて栄養価の高い西洋菓子を提供したいという創業者・森永太一郎による社会課題の解決に向けたチャレンジからスタートし、携帯型のミルクキャラメル発売や、日本で初めてのカカオ豆からのチョコレート一貫製造など、様々なチャレンジにより日本の皆様の記憶に残る多種多様な商品を提供し続けてまいりました。この積み重ねによる社会・お客様からの信頼が森永製菓グループの強みの一つです。

森永製菓グループでは2021年度より、長期視点での経営による成長と企業価値向上を目指し、2030年の「ありたい姿」の実現に向けた長期経営計画「2030経営計画」をスタートいたしました。今、世界ではさまざまな社会課題や激しい環境変化の中、サステナブルな社会の実現を求める声が高まっております。私たちはこれらの変化に向き合い、120年の歴史で培った信頼と技術を進化させ、2030ビジョン「『森永製菓グループは、2030年にウェルネスカンパニーへ生まれ変わります。』120年の歴史で培った信頼と技術を進化させ、世界のあらゆる世代のウェルネスライフをサポートしていきます。」の実現へ、財務・非財務の両面から重要経営課題を統合したサステナブル経営を実践してまいります。
また、「一人ひとりの個を活かす」という考えのもとダイバーシティ&インクルージョンを推進いたします。多様な「個」から知の多様性を生み出し、かけ合わせることにより、変化への対応力を高め、イノベーションを創出し、お客様と社会の課題解決に取り組み続けます。

これからも、成長し続ける永続企業(サステナブルカンパニー)として、わたしたちの使命(パーパス)である「森永製菓グループは、世代を超えて愛されるすこやかな食を創造し続け、世界の人々の笑顔を未来につなぎます」を全ての企業活動の拠り所として、こころとからだをすこやかにする食を創造し、誰もが笑顔で過ごせる持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

今後とも、森永製菓グループへの変わらぬご支援とご指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

www.morinaga.co.jp

 

売上高の推移

2021年(通期)の売上高は、1,999億9,000万円で、前年度からの増減額は、-88億8,800万円となりました。

f:id:honyasu34:20211102120006p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20211101135427p:plain

f:id:honyasu34:20211028134043p:plain

 

 

利益の推移

2021年(通期)の営業利益は、191億6,200万円で、前年度からの増減額は、-20億6,800万円となりました。

営業利益率は、9.6%と、前年度の10.2%から悪化しました。

f:id:honyasu34:20211028134905p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20211028134115p:plain

f:id:honyasu34:20211028134132p:plain

f:id:honyasu34:20211028134147p:plain

純利益は、134億500万円で、前年度からの増減額は、+25億8,100万円となりました。

EPSは、267円で、前年度からの増減額は、+51円となりました。

f:id:honyasu34:20211028134159p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20211028134233p:plain

f:id:honyasu34:20211028134252p:plain

f:id:honyasu34:20211028134303p:plain

f:id:honyasu34:20211028134315p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2021年(通期)の営業キャッシュフローは、121億2,700万円で、前年度からの増減額は、-88億6,700万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、6.1%と、前年度の10.1%から悪化しました。

f:id:honyasu34:20211028134329p:plain

フリーキャッシュフローは、77億3,500万円で、前年度からの増減額は、-457億2,200万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、-3.9%と、前年度の18.2%から悪化しました。

f:id:honyasu34:20211028134600p:plain

 

 

配当の推移

2021年(通期)の1株当たり配当金は、80円で、前年度からの増減額は、+8円となりました。

f:id:honyasu34:20211028134354p:plain


 

森永製菓(Morinaga & Co.,Ltd.、22010)の分析まとめ

2021年(通期)の売上高は、1,999億9,000万円(前年度比-88億8,800万円)、営業利益は191億6,200万円(前年度比-20億6,800万円)、純利益は134億500万円(前年度比+25億8,100万円)と、減収増益となりました。