株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】株式会社 中広(CHUCO CO.,LTD.、21390)

f:id:honyasu34:20211027102759p:plain


中広の会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

中広(CHUCO CO.,LTD.、21390)
設立年月日:1978/05/01
本社所在地:岐阜
上場年月日:2014/12/22
証券コード:21390
ISINコード:JP3520800008
市場区分:第一部
業種:サービス業
決算期:3月31日
売買単位:100
時価総額:27億4,012万(2021年10月27日時点)
IR情報:https://chuco.co.jp/modules/investor/

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

社長メッセージ 

 

広告の力は社会を支えるエンジン

 

1978年、我が社は中日新聞の地方版広告を取扱う代理店として、岐阜市で産声をあげました。マスメディアの伸張に乗って、広告業界が活況を呈していた頃です。しかし、バブルが崩壊し世の中には閉塞感が漂い、とりわけ地域社会、地方経済は方途を見失い、我が社も迷路に迷い込みました。
 そんな折、二つのことに気が付きました。一つは、そもそも何のために広告業を生業としているのかと問い直すと、答えは広告業を通じ「地域社会への貢献」に寄与すること、即ち、広告業は「社会を元気にする」ために存在することに思いが至りました。地域経済活性を目的として広告業を営む、それが「地域みっちゃく生活情報誌®」のスタートです。
 もう一つは、広告業界の常識と旧態依然とした体質を引きずっていては、生き残ることはできないと考えました。そこで目指したのがIPO(株式公開)です。当時の広告代理店の商習慣、ましてや地方のマス媒体の下請け会社にとって株式公開への道は果てしなく遠いものでした。しかし、私は諦めませんでした。決意してから約9年、お客様はじめ多くの関係者、そして何よりも社員諸君の覚悟によって、2007年名古屋証券取引所の新興市場セントレックスに上場を果たすことができました。広告業界ではメガエージェンシーを除き、地方の広告会社では初めての出来事でした。その後、2012年には同取引所第二部に市場変更し、2014年12月には、国内最大の株式市場である東京証券取引所市場二部に上場(証券コード:2139)、そして、ついに翌年12月には同取引所第一部に市場変更することができました。 今後も更なる業容の拡大を図り、企業価値向上に努めて参ります。

chuco.co.jp

 

 

売上高の推移

2021年(通期)の売上高は、65億5,100万円で、前年度からの増減額は、-3億円となりました。

f:id:honyasu34:20211027102822p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20211027102905p:plain

f:id:honyasu34:20211027102929p:plain

 

 

利益の推移

2021年(通期)の営業利益は、9,997億800万円で、前年度からの増減額は、-2億円となりました。

営業利益率は、-4.5%と、前年度の-0.8%から悪化しました。

f:id:honyasu34:20211027102950p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20211027103010p:plain

f:id:honyasu34:20211027103025p:plain

f:id:honyasu34:20211027103043p:plain

純利益は、9996億3,300万円で、前年度からの増減額は、-3億円となりました。

EPSは、-54円で、前年度からの増減額は、-51円となりました。

f:id:honyasu34:20211027103102p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:honyasu34:20211027103128p:plain

f:id:honyasu34:20211027103153p:plain

f:id:honyasu34:20211027103208p:plain

f:id:honyasu34:20211027103223p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2021年(通期)の営業キャッシュフローは、9,999億9,200万円で、前年度からの増減額は、+2億円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、-0.1%と、前年度の-4.3%から改善しました。

f:id:honyasu34:20211027103239p:plain

フリーキャッシュフローは、9997億3,600万円で、前年度からの増減額は、-6,600万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、-4.0%と、前年度の-2.9%から悪化しました。

f:id:honyasu34:20211027103303p:plain

 

 

配当の推移

2021年(通期)の1株当たり配当金は、0円で、前年度からの増減額は、0円となりました。

f:id:honyasu34:20211027103436p:plain

 



中広(CHUCO CO.,LTD.、21390)の分析まとめ

2021年(通期)の売上高は、65億5,100万円(前年度比-3億円)、営業利益は9,997億800万円(前年度比-2億円)、純利益は9,996億3,300万円(前年度比-3億円)と、減収減益となりました。