株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】三晃金属工業株式会社(SANKO METAL INDUSTRIAL CO.,LTD.、19720)

f:id:tonkabeans123:20211019143208p:plain


三晃金属工業株式会社の会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

三晃金属工業株式会社(SANKO METAL INDUSTRIAL CO.,LTD.、19720)
設立年月日:1949/06/16
本社所在地:東京
上場年月日:1962/09/03
証券コード:19720
ISINコード:JP3330800008
市場区分:第一部
業種:建設業
決算期:3月31日
売買単位:100
時価総額:90億504万(2021年10月19日時点)
IR情報:http://www.sankometal.co.jp/ir/

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

屋根のトップメーカーである三晃金属工業は、空間をかたどりスカイラインを構成する屋根の存在を強く意識し、屋根に「技術」と「美しさ」を求めて参りました。
これからもますます変化し多様化する社会のニーズに確実に応えつつ、さらに新しい屋根の創造により豊かな環境づくりに寄与して参ります。

www.sankometal.co.jp

 

 

売上高の推移

2021年(通期)の売上高は、322億3,900万円で、前年度からの増減額は、-17億5,600万円となりました。

f:id:tonkabeans123:20211019143241p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。f:id:tonkabeans123:20211019143258p:plain

f:id:tonkabeans123:20211019143315p:plain



 

利益の推移

2021年(通期)の営業利益は、25億円で、前年度からの増減額は、+1億円となりました。

営業利益率は、7.8%と、前年度の7.0%から改善しました。f:id:tonkabeans123:20211019143330p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。f:id:tonkabeans123:20211019143347p:plain

f:id:tonkabeans123:20211019143359p:plain

f:id:tonkabeans123:20211019143414p:plain

純利益は、16億8,500万円で、前年度からの増減額は、+4億円となりました。

EPSは、437円で、前年度からの増減額は、+117円となりました。

f:id:tonkabeans123:20211019143432p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:tonkabeans123:20211019143446p:plain

f:id:tonkabeans123:20211019143501p:plain

f:id:tonkabeans123:20211019143516p:plain

f:id:tonkabeans123:20211019143525p:plain



 

キャッシュフローの推移

2021年(通期)の営業キャッシュフローは、15億5,700万円で、前年度からの増減額は、-18億100万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、4.8%と、前年度の9.9%から悪化しました。

f:id:tonkabeans123:20211019143534p:plain

 

フリーキャッシュフローは、12億5,100万円で、前年度からの増減額は、-13億3,800万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、3.9%と、前年度の7.6%から悪化しました。

f:id:tonkabeans123:20211019143543p:plain



 

配当の推移

2021年(通期)の1株当たり配当金は、130円で、前年度からの増減額は、+30円となりました。

f:id:tonkabeans123:20211019143554p:plain



 

三晃金属工業株式会社(SANKO METAL INDUSTRIAL CO.,LTD.、19720)の分析まとめ

2021年(通期)の売上高は、322億3,900万円(前年度比-17億5,600万円)、営業利益は25億円(前年度比+1億円)、純利益は16億8,500万円(前年度比+4億円)と、減収増益となりました。