株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】福田組(FUKUDA CORPORATION、18990)

f:id:kb_ul1:20211014114134p:plain


福田組の会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

"

福田組(FUKUDA CORPORATION 、18990)
設立年月日:1927/12/29
本社所在地:新潟
上場年月日:1975/12/19
証券コード:18990
ISINコード:JP3805600008
市場区分:第一部
業種:建設業
決算期:12月31日
売買単位:100
時価総額:445億3,609万(2021年10月14日時点)
IR情報:https://www.fkd.co.jp/topics/ir/

"

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

2022年、福田組は創業120周年を迎えようとしています。110余年の長い歴史の中で、時代は常に変化し続け、建設業に求められるものも刻々と変化してきました。
当社はその流れ・変化を見つめ、常に社会に求められるものを形にしてまいりました。
その根本には、創業当初から続くFUKUDAスピリット「誠実」があります。
「誠実であること」の精神もと、様々な困難にも真摯に向き合い、我が国の発展に尽力してまいりました。
これまでがそうであったように、今なお時代の流れに歩を同じくして、当社は「誠実」の精神のもとに変化し、挑戦し続けています。 

https://www.fkd.co.jp/company/

 

売上高の推移

2020年(通期)の売上高は、1,857億6,400万円で、前年度からの増減額は、+36億7,600万円となりました。

f:id:kb_ul1:20211014130228p:plain

2019年3月~2021年6月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:kb_ul1:20211014130237p:plain

f:id:kb_ul1:20211014130244p:plain

 

 

利益の推移

2020年(通期)の営業利益は、89億500万円で、前年度からの増減額は、+8億円となりました。

営業利益率は、4.8%と、前年度の4.4%から改善しました。

f:id:kb_ul1:20211014130305p:plain

2019年3月~2021年6月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:kb_ul1:20211014130316p:plain

f:id:kb_ul1:20211014130328p:plain

f:id:kb_ul1:20211014130343p:plain

純利益は、59億7,900万円で、前年度からの増減額は、+5億円となりました。

EPSは、690円で、前年度からの増減額は、+70円となりました。

f:id:kb_ul1:20211014131222p:plain

2019年3月~2021年6月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:kb_ul1:20211014131232p:plain

f:id:kb_ul1:20211014131240p:plain

f:id:kb_ul1:20211014131249p:plain

f:id:kb_ul1:20211014131259p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2020年(通期)の営業キャッシュフローは、69億900万円で、前年度からの増減額は、+80億6,000万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、3.7%と、前年度の-0.6%から改善しました。

f:id:kb_ul1:20211014131315p:plain

 

フリーキャッシュフローは、47億1,600万円で、前年度からの増減額は、+77億1,600万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、2.5%と、前年度の-1.6%から改善しました。

f:id:kb_ul1:20211014131324p:plain

 

 

配当の推移

2020年(通期)の1株当たり配当金は、110円で、前年度からの増減額は、0円となりました。

f:id:kb_ul1:20211014131331p:plain


 

"

福田組(FUKUDA CORPORATION 、18990)の分析まとめ

"

2020年(通期)の売上高は、1,857億6,400万円(前年度比+36億7,600万円)、営業利益は89億500万円(前年度比+8億円)、純利益は59億7,900万円(前年度比+5億円)と、増収増益となりました。