株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】本田技研工業(HONDA MOTOR CO.,LTD.、72670)

f:id:kawakami03:20211007133012p:plain


本田技研工業の会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

本田技研工業(HONDA MOTOR CO.,LTD.、72670)
設立年月日:1948/09/24
本社所在地:東京
上場年月日:1957/12/02
証券コード:72670
ISINコード:JP3854600008
市場区分:第一部
業種:輸送用機器
決算期:3月31日
売買単位:100
時価総額:5兆9,016億3,382万(2021年10月7日時点)
IR情報:https://www.honda.co.jp/investors/library.html

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

世界中の「意志ある誰か」のための原動力となり、将来にわたり、人々や社会から
「存在を期待される企業」であり続けるために、これからもHondaはチャレンジを続けていきます。

www.honda.co.jp

 

 

 

売上高の推移

2021年(通期)の売上高は、13兆1,705億1,900万円で、前年度からの増減額は、-1兆7,604億9,000万円となりました。

 

f:id:kawakami03:20211007134208p:plain

 

2019年6月~2021年6月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:kawakami03:20211007133118p:plain

 

f:id:kawakami03:20211007133142p:plain

 

 

利益の推移

2021年(通期)の営業利益は、6,602億800万円で、前年度からの増減額は、+265億7,100万円となりました。

営業利益率は、5.0%と、前年度の4.2%から改善しました。

f:id:kawakami03:20211007133245p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:kawakami03:20211007133310p:plain

 

f:id:kawakami03:20211007133337p:plain

 

f:id:kawakami03:20211007133355p:plain

純利益は、6574億2,500万円で、前年度からの増減額は、+2,016億7,900万円となりました。

EPSは、381円で、前年度からの増減額は、+121円となりました。

 

f:id:kawakami03:20211007133703p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:kawakami03:20211007133745p:plain

f:id:kawakami03:20211007133825p:plain

 

f:id:kawakami03:20211007133838p:plain

 

f:id:kawakami03:20211007133851p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2021年(通期)の営業キャッシュフローは、1兆723億7,900万円で、前年度からの増減額は、+929億6,400万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、8.1%と、前年度の6.6%から改善しました。

f:id:kawakami03:20211007133911p:plain

 

フリーキャッシュフローは、2754億9,800万円で、前年度からの増減額は、-844億3,600万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、2.1%と、前年度の2.4%から悪化しました。

f:id:kawakami03:20211007134239p:plain

 

 

配当の推移

2021年(通期)の1株当たり配当金は、110円で、前年度からの増減額は、-2円となりました。

f:id:kawakami03:20211007133937p:plain


 

本田技研工業(HONDA MOTOR CO.,LTD.、72670)の分析まとめ

2021年(通期)の売上高は、13兆1,705億1,900万円(前年度比-1兆7,604億9,000万円)、営業利益は6,602億800万円(前年度比+265億7,100万円)、純利益は6,574億2,500万円(前年度比+2,016億7,900万円)と、減収増益となりました。