株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】東急建設(TOKYU CONSTRUCTION CO., LTD.、17200)

f:id:ul-1:20211001111259p:plain


東急建設の会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

東急建設(TOKYU CONSTRUCTION CO., LTD.、17200)
設立年月日:2003/04/10
本社所在地:東京
上場年月日:2003/10/01
証券コード:17200
ISINコード:JP3567410000
市場区分:第一部
業種:建設業
決算期:3月31日
売買単位:100
時価総額:813億5,204万(2021年10月1日時点)
IR情報:https://www.tokyu-cnst.co.jp/ir/

 

企業メッセージ

弊社は1946年の創業以来、一貫して社会課題の解決に取り組んでまいりました。
2021年3月に策定した企業ビジョン「VISION2030」では、気候変動やSDGsなどの社会課題解決に向け、建設事業をさらに深化させるとともに、新たな事業領域での価値創出に向けた探索を実行することとしております。
これにより東急建設は、すべてのステークホルダーの皆様に対し、企業理念である「安心で快適な環境づくり」と、「3つの提供価値(脱炭素、廃棄物ゼロ、防災・減災)」を通じた心を揺さぶるサービスを提供するとともに、次世代に向けたサステナブルな社会の実現に挑戦し、企業価値を向上してまいります。

www.tokyu-cnst.co.jp

 

 

売上高の推移

2021年(通期)の売上高は、2,314億8,300万円で、前年度からの増減額は、-906億8,700万円となりました。

f:id:ul-1:20211001111502p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:ul-1:20211001111517p:plain

f:id:xchin:20211001140808p:plain



 

 

利益の推移

2021年(通期)の営業利益は、35億4,900万円で、前年度からの増減額は、-167億6,600万円となりました。

営業利益率は、1.5%と、前年度の6.3%から悪化しました。

f:id:xchin:20211001143025p:plain



2019年6月~2021年6月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:ul-1:20211001111629p:plain

f:id:xchin:20211001141937p:plain



f:id:xchin:20211001142052p:plain



純利益は、26億4,700万円で、前年度からの増減額は、-122億5,600万円となりました。

EPSは、25円で、前年度からの増減額は、-115円となりました。

f:id:ul-1:20211001111720p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:ul-1:20211001111732p:plain

f:id:ul-1:20211001111744p:plain

f:id:ul-1:20211001111756p:plain

f:id:ul-1:20211001111809p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2021年(通期)の営業キャッシュフローは、116億2,900万円で、前年度からの増減額は、+450億6,800万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、5.0%と、前年度の-10.4%から改善しました。

f:id:ul-1:20211001111830p:plain

 

フリーキャッシュフローは、78億7,600万円で、前年度からの増減額は、+488億300万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、3.4%と、前年度の-12.7%から改善しました。

f:id:ul-1:20211001111844p:plain

 

 

配当の推移

2021年(通期)の1株当たり配当金は、10円で、前年度からの増減額は、-20円となりました。

f:id:ul-1:20211001111855p:plain


 

東急建設(TOKYU CONSTRUCTION CO., LTD.、17200)の分析まとめ

2021年(通期)の売上高は、2,314億8,300万円(前年度比-906億8,700万円)、営業利益は35億4,900万円(前年度比-167億6,600万円)、純利益は26億4,700万円(前年度比-122億5,600万円)と、減収減益となりました。