株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】日本ペイントホールディングス(4612)

f:id:kabulab:20210921183823p:plain


日本ペイントホールディングスの会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

日本ペイントホールディングス(NIPPON PAINT HOLDINGS CO.,LTD.、46120)
設立年月日:1898/01/20
本社所在地:大阪
上場年月日:1949/05/30
証券コード:46120
ISINコード:JP3749400002
市場区分:第一部
業種:化学
決算期:12月31日
売買単位:100
時価総額:3兆2,357億4,917万(2021年9月21日時点)
IR情報:https://www.nipponpaint-holdings.com/ir/

 

企業メッセージ

以下、企業ページからの抜粋となります。

Purpose わたしたちの存在意義

 

Enriching our living world through the power of Science + Imagination
サイエンス+イマジネーションの力で、わたしたちの世界を豊かに。

 

共存共栄の精神
わたしたちは常に誠実で公正であることを旨とし、消費者、お客様、地域社会、従業員、取引先、政府など、あらゆるステークホルダーへの責務を充足し、ともに繁栄することを約束します。

力強いパートナーシップ
ともに働く人々への尊敬、信頼、信任、責任が、わたしたちの礎です。そこから生まれる力強いパートナーシップが、イノベーションと成長のもととなります。

サイエンス+イマジネーション
わたしたちは科学や想像のもつ無限の力により、この世界を守り、より豊かにする、画期的な技術とイノベーションを生んでいきます。

www.nipponpaint-holdings.com

 

 

売上高の推移

2020年(通期)の売上高は、7,811億4,600万円で、前年度からの増減額は、+891億3,700万円となりました。

f:id:kabulab:20210921183934p:plain

2019年3月~2021年6月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:kabulab:20210921184027p:plain

 

 

利益の推移

2020年(通期)の営業利益は、869億3,300万円で、前年度からの増減額は、+88億7,300万円となりました。

営業利益率は、11.1%と、前年度の11.3%から悪化しました。

f:id:kabulab:20210921184139p:plain

2019年3月~2021年6月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:kabulab:20210921184313p:plain

純利益は、446億4,800万円で、前年度からの増減額は、+79億3,100万円となりました。

EPSは、139円で、前年度からの増減額は、+25円となりました。

f:id:kabulab:20210921184337p:plain

2019年3月~2021年6月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:kabulab:20210921184523p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2020年(通期)の営業キャッシュフローは、885億6,100万円で、前年度からの増減額は、-35億1,500万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、11.3%と、前年度の13.3%から悪化しました。

f:id:kabulab:20210921184634p:plain

フリーキャッシュフローは、521億9,300万円で、前年度からの増減額は、+3,128億8,600万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、6.7%と、前年度の-37.7%から改善しました。

f:id:kabulab:20210921184650p:plain

 

 

配当の推移

2020年(通期)の1株当たり配当金は、45円で、前年度からの増減額は、0円となりました。

f:id:kabulab:20210921184706p:plain



日本ペイントホールディングス(NIPPON PAINT HOLDINGS CO.,LTD.、46120)の分析まとめ

2020年(通期)の売上高は、7,811億4,600万円(前年度比+891億3,700万円)、営業利益は869億3,300万円(前年度比+88億7,300万円)、純利益は446億4,800万円(前年度比+79億3,100万円)と、増収増益となりました。