株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】ショーボンドホールディングス(SHO-BOND Holdings Co.,Ltd.、14140)

f:id:ul-1:20210927144359p:plain


ショーボンドホールディングスの会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

ショーボンドホールディングス(SHO-BOND Holdings Co.,Ltd.、14140)
設立年月日:2008/01/04
本社所在地:東京
上場年月日:2008/01/04
証券コード:14140
ISINコード:JP3360250009
市場区分:第一部
業種:建設業
決算期:6月30日
売買単位:100
時価総額:2,791億8,629万(2021年9月27日時点)
IR情報:https://www.sho-bondhd.jp/ir/

 

企業メッセージ

ショーボンドグループは、昭和33年の創業以来、一貫してインフラ構造物の補修・補強に特化した事業を行っております。

特に、エポキシ樹脂を中心とした補修材料の開発を含め、土木と化学の融合を目指した補修工学研究所を有しており、新工法・新材料を積極的に生み出しているのが特徴です。

今後も、高度成長期に建設された橋梁・トンネル等の急速な老朽化に伴い、長寿命化や予防保全のニーズが益々高まることが予想されます。

これらのニーズに応え続けることが、グループ全体の持続的な成長に結びつくとの信念のもと、従来からの施策を強化してまいります。

www.sho-bondhd.jp

 

 

売上高の推移

2021年(通期)の売上高は、800億6,500万円で、前年度からの増減額は、+124億7,500万円となりました。

f:id:ul-1:20210927144349p:plain

2018年9月~2021年6月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:ul-1:20210927144424p:plain

f:id:ul-1:20210927144436p:plain

 

 

利益の推移

2021年(通期)の営業利益は、157億3,200万円で、前年度からの増減額は、+28億200万円となりました。

営業利益率は、19.6%と、前年度の19.1%から改善しました。

f:id:ul-1:20210927144458p:plain

2018年9月~2021年6月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:ul-1:20210927144508p:plain

f:id:ul-1:20210927144518p:plain

f:id:ul-1:20210927144527p:plain

純利益は、113億4,000万円で、前年度からの増減額は、+23億3,500万円となりました。

EPSは、211円で、前年度からの増減額は、+43円となりました。

f:id:ul-1:20210928110326p:plain

2018年9月~2021年6月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:ul-1:20210928110342p:plain

f:id:ul-1:20210928110410p:plain

f:id:ul-1:20210928110425p:plain

f:id:ul-1:20210928110442p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2021年(通期)の営業キャッシュフローは、27億3,700万円で、前年度からの増減額は、-18億300万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、3.4%と、前年度の6.7%から悪化しました。

f:id:ul-1:20210928110508p:plain

 

フリーキャッシュフローは、9,900万円で、前年度からの増減額は、-212億1,900万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、0.1%と、前年度の31.5%から悪化しました。

f:id:ul-1:20210928110526p:plain

 

 

配当の推移

2021年(通期)の1株当たり配当金は、106円で、前年度からの増減額は、+26円となりました。

f:id:ul-1:20210928110540p:plain


 

ショーボンドホールディングス(SHO-BOND Holdings Co.,Ltd.、14140)の分析まとめ

2021年(通期)の売上高は、800億6,500万円(前年度比+124億7,500万円)、営業利益は157億3,200万円(前年度比+28億200万円)、純利益は113億4,000万円(前年度比+23億3,500万円)と、増収増益となりました。