株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】ホクト(HOKUTO CORPORATION、13790)

f:id:ul-1:20210927130738p:plain


ホクトの会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

ホクト(HOKUTO CORPORATION、13790)
設立年月日:1964/07/22
本社所在地:長野
上場年月日:1999/11/29
証券コード:13790
ISINコード:JP3843250006
市場区分:第一部
業種:水産・農林業
決算期:3月31日
売買単位:100
時価総額:662億8,441万(2021年9月27日時点)
IR情報:https://www.hokto-kinoko.co.jp/corporate/ir/shiryou/

 

企業メッセージ 

ホクトは、昭和39年に食品包装資材の販売を目的に設立されました。新潟地震を契機に割れないポリプロピレン製のきのこ栽培ビンを他社に先駆けて開発。以来、独自の発想から栽培きのこの生産性、品質向上のためのきのこ栽培資材・機械を開発し、きのこ資材のトップメーカーとして飛躍的な発展を遂げることができました。昭和58年にバイオテクノロジー技術を導入したきのこ新品種開発と生産技術の確立をめざして「きのこ総合研究所」を設立。さらに本格的なきのこ生産へと領域を拡大。きのこ研究・開発・生産・販売を一貫して手掛ける日本唯一の「きのこ総合企業」として、独自の基盤を確立しています。また、きのこを使用した加工食品事業への取組や、米国・台湾・マレーシアの子会社を足掛かりとした北米・アジア市場への販路拡大等、世界的な視野に立って挑戦する研究開発型企業をめざしています。

www.hokto-kinoko.co.jp

 

 

売上高の推移

2021年(通期)の売上高は、738億8,900万円で、前年度からの増減額は、+26億6,900万円となりました。

f:id:ul-1:20210927130758p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:ul-1:20210927130815p:plain

f:id:ul-1:20210927130825p:plain

 

 

利益の推移

2021年(通期)の営業利益は、60億1,200万円で、前年度からの増減額は、+20億8,900万円となりました。

営業利益率は、8.1%と、前年度の5.5%から改善しました。

f:id:ul-1:20210927130834p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:ul-1:20210927130844p:plain

f:id:ul-1:20210927130855p:plain

f:id:ul-1:20210927130904p:plain

純利益は、40億3,800万円で、前年度からの増減額は、+25億700万円となりました。

EPSは、129円で、前年度からの増減額は、+80円となりました。

f:id:ul-1:20210927130921p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:ul-1:20210927130932p:plain

f:id:ul-1:20210927130940p:plain

f:id:ul-1:20210927130950p:plain

f:id:ul-1:20210927130958p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2021年(通期)の営業キャッシュフローは、104億7,100万円で、前年度からの増減額は、-3億円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、14.2%と、前年度の15.1%から悪化しました。

f:id:ul-1:20210927131014p:plain

 

フリーキャッシュフローは、61億3,900万円で、前年度からの増減額は、-17億4,300万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、8.3%と、前年度の11.1%から悪化しました。

f:id:ul-1:20210927131027p:plain

 

 

配当の推移

2021年(通期)の1株当たり配当金は、60円で、前年度からの増減額は、0円となりました。

f:id:ul-1:20210927131039p:plain


 

ホクト(HOKUTO CORPORATION、13790)の分析まとめ

2021年(通期)の売上高は、738億8,900万円(前年度比+26億6,900万円)、営業利益は60億1,200万円(前年度比+20億8,900万円)、純利益は40億3,800万円(前年度比+25億700万円)と、増収増益となりました。