株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】極洋(KYOKUYO CO.,LTD.、13010)

f:id:ul-1:20210924114408p:plain


極洋の会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

極洋(KYOKUYO CO.,LTD.、13010)
設立年月日:1937/09/03
本社所在地:東京
上場年月日:1949/05/16
証券コード:13010
ISINコード:JP3257200000
市場区分:第一部
業種:水産・農林業
決算期:3月31日
売買単位:100
時価総額:333億3,126万(2021年9月24日時点)
IR情報:https://www.kyokuyo.co.jp/ir/

 

企業メッセージ

 当社グループは、「魚の極洋」として水産商事事業には長年の経験を持っており、これまでも皆様に良質の商品をお届けしてきております。食品事業においては、寿司種をはじめとする生食用商品や切身、焼き魚、煮魚などの加熱用商品、水産フライやカニ風味かまぼこなどの業務用冷凍食品だけでなく、缶詰や海産珍味、家庭用冷凍食品などの市販用商品の拡大・強化に努めております。

 今後も事業の幅を広げ、「魚を中心とした総合食品会社」として、「生活を楽しむための食」という価値を追求した極洋製品をお届けすることで、「健康で心豊かな生活と食文化に貢献する」という企業理念を実現すべく、キョクヨーグループを挙げて邁進してまいりますので、皆様からのご支援、ご協力を賜りたくよろしくお願い申し上げます。

www.kyokuyo.co.jp

 

 

売上高の推移

2021年(通期)の売上高は、2,491億9,700万円で、前年度からの増減額は、-133億2,200万円となりました。

f:id:ul-1:20210924114621p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:ul-1:20210924114636p:plain

f:id:ul-1:20210924114652p:plain

 

 

利益の推移

2021年(通期)の営業利益は、46億5,700万円で、前年度からの増減額は、+17億3,900万円となりました。

営業利益率は、1.9%と、前年度の1.1%から改善しました。

f:id:ul-1:20210924114709p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:ul-1:20210924114744p:plain

f:id:ul-1:20210924114802p:plain

f:id:ul-1:20210924114829p:plain

純利益は、38億3,800万円で、前年度からの増減額は、+18億100万円となりました。

EPSは、357円で、前年度からの増減額は、+168円となりました。

f:id:ul-1:20210924114951p:plain

2019年6月~2021年6月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:ul-1:20210924115008p:plain

f:id:ul-1:20210924115116p:plain

f:id:ul-1:20210924115134p:plain

f:id:ul-1:20210924115303p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2021年(通期)の営業キャッシュフローは、59億9,700万円で、前年度からの増減額は、-34億1,300万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、2.4%と、前年度の3.6%から悪化しました。

f:id:ul-1:20210924115331p:plain

 

フリーキャッシュフローは、54億7,000万円で、前年度からの増減額は、-10億900万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、2.2%と、前年度の2.5%から悪化しました。

f:id:ul-1:20210924115347p:plain

 

 

配当の推移

2021年(通期)の1株当たり配当金は、80円で、前年度からの増減額は、+10円となりました。

f:id:ul-1:20210924115402p:plain


 

極洋(KYOKUYO CO.,LTD.、13010)の分析まとめ

2021年(通期)の売上高は、2,491億9,700万円(前年度比-133億2,200万円)、営業利益は46億5,700万円(前年度比+17億3,900万円)、純利益は38億3,800万円(前年度比+18億100万円)と、減収増益となりました。