株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】東映(TOEI COMPANY,LTD.、96050)

f:id:ul-1:20210924110304p:plain


東映の会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

東映(TOEI COMPANY,LTD.、96050)
設立年月日:1949/10/01
本社所在地:東京
上場年月日:1952/11/28
証券コード:96050
ISINコード:JP3560000006
市場区分:第一部
業種:情報・通信業
決算期:3月31日
売買単位:100
時価総額:2,881億4,141万(2021年9月23日時点)
IR情報:https://www.toei.co.jp/company/ir/index.html

 

企業メッセージ

東映は1951(昭和26)年の創立以来約70年にわたり、幅広いファンの皆様の御支持に支えられ、映画・テレビ・ビデオ・アニメーションなどの多様な映像製作とそれらの作品を活用した多角的な展開をし、質高く魅力的なエンタテイメントを提供して参りました。

いま映像メディアが多様化していますが、東映は東京撮影所及び京都撮影所の東西2拠点を擁し、東映デジタルセンター及び東映ラボテックをポストプロダクション事業の拠点とし、ツークン研究所で先進のデジタル映像研究に取り組むなど、充実した製作体制のもと様々な作品にチャレンジし続けています。メディアやプラットホームがどのように変遷しても、変わること無い魅力を発する映像コンテンツを作りだす企業です。
またそれら映像作品から生まれるキャラクタービジネスやイベント、そして文化催事にいたるまで裾野広くエンタテイメント事業を展開しております。

www.toei.co.jp

 

 

売上高の推移

2021年(通期)の売上高は、1076億4,800万円で、前年度からの増減額は、-337億2,800万円となりました。

【東映】売上高の推移

 

2018年6月~2021年3月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

【東映】各期ごとの売上高推移 (百万円)

 

【東映】売上高増減額(前年度同期比)

 



利益の推移

2021年(通期)の営業利益は、129億9,700万円で、前年度からの増減額は、-90億600万円となりました。
営業利益率は、12.1%と、前年度の15.6%から悪化しました。

【東映】利益の推移

 

2018年6月~2021年3月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

【東映】各期ごとの利益推移 (百万円)

 

【東映】各期ごとの営業利益率

 

【東映】利益増減額(前年度同期比)

 

純利益は、72億8,400万円で、前年度からの増減額は、-40億7,300万円となりました。
EPSは、584円で、前年度からの増減額は、-319円となりました。

【東映】純利益の推移

 

2018年6月~2021年3月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

【東映】各期ごとの純利益推移 (百万円)

 

【東映】純利益増減額(前年度同期比)

 

【東映】各期ごとの1株当たり純利益 [EPS](円)

 

【東映】EPS増減額(前年度同期比)

 


 

キャッシュフローの推移

2021年(通期)の営業キャッシュフローは、17億6,700万円で、前年度からの増減額は、-219億200万円となりました。
営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、1.6%と、前年度の16.7%から悪化しました。

【東映】営業キャッシュフローの推移

 

フリーキャッシュフローは、9939億6,600万円で、前年度からの増減額は、-257億1,400万円となりました。
フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、-5.6%と、前年度の13.9%から悪化しました。

【東映】フリーキャッシュフローの推移

 



配当の推移

2021年(通期)の1株当たり配当金は、60円で、前年度からの増減額は、-10円となりました。

【東映】配当の推移

 


 

東映(TOEI COMPANY,LTD.、9605)の分析まとめ

2021年(通期)の売上高は、1076億4,800万円(前年度比-337億2,800万円)、営業利益は129億9,700万円(前年度比-90億600万円)、純利益は72億8,400万円(前年度比-40億7,300万円)と、減収減益となりました。

新型コロナウイルスの流行により、映画館の休館および新作映画の公開延期などが映像業界に大きな影響をもたらしました。結果として、東映は減収減益となっておりますが、コロナ禍において映像配信サービスなどを通して、外出自粛中の人々にコンテンツ提供を続けており、今後のコンテンツ提供の方針にも注目していきたいと思います。