株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】ブリヂストン(BRIDGESTONE CORPORATION、51080)

f:id:ul-1:20210922133153p:plain


ブリヂストンの会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

ブリヂストン(BRIDGESTONE CORPORATION、51080)
設立年月日:1931/03/01
本社所在地:東京
上場年月日:1961/10/02
証券コード:51080
ISINコード:JP3830800003
市場区分:第一部
業種:ゴム製品
決算期:12月31日
売買単位:100
時価総額:3兆5,527億8,974万(2021年9月22日時点)
IR情報:https://www.bridgestone.co.jp/ir/library/index.html

 

企業メッセージ

私たちブリヂストングループの企業理念は、創業者が社是として制定した「最高の品質で社会に貢献」を不変の使命として掲げ、その使命を果たすために、ブリヂストン社員として常に意識していたい姿勢を「誠実協調」「進取独創」「現物現場」「熟慮断行」の4つの心構えとして示しています。現在までに築きあげてきた企業文化や多様性を更なる成長の原動力とすべく、世界中の従業員一人ひとりが行動する上での共通の価値観を、この企業理念の中で表しています。

www.bridgestone.co.jp

 

 

売上高の推移

2020年(通期)の売上高は、2兆9,945億2,400万円で、前年度からの増減額は、-5,310億7,600万円となりました。

f:id:ul-1:20210922134011p:plain

2019年3月~2021年6月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:ul-1:20210922134105p:plain

f:id:ul-1:20210922134121p:plain

 

 

利益の推移

2020年(通期)の営業利益は、641億1,400万円で、前年度からの増減額は、-2,619億8,400万円となりました。

営業利益率は、2.1%と、前年度の9.2%から悪化しました。

f:id:ul-1:20210922134159p:plain

2019年3月~2021年6月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:ul-1:20210922134341p:plain

f:id:ul-1:20210922134355p:plain

f:id:ul-1:20210922134411p:plain

純利益は、9766億9,900万円で、前年度からの増減額は、-3,158億9,900万円となりました。

EPSは、-33円で、前年度からの増減額は、-438円となりました。

f:id:ul-1:20210922134428p:plain

2019年3月~2021年6月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:ul-1:20210922134448p:plain

f:id:ul-1:20210922134511p:plain

f:id:ul-1:20210922134557p:plain

f:id:ul-1:20210922134654p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2020年(通期)の営業キャッシュフローは、5,269億4,700万円で、前年度からの増減額は、+624億9,000万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、17.6%と、前年度の13.2%から改善しました。

f:id:ul-1:20210922134713p:plain

 

フリーキャッシュフローは、3715億6,900万円で、前年度からの増減額は、+1,740億2,200万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、12.4%と、前年度の5.6%から改善しました。

f:id:ul-1:20210922134727p:plain

 

 

配当の推移

2020年(通期)の1株当たり配当金は、110円で、前年度からの増減額は、-50円となりました。

f:id:ul-1:20210922134742p:plain


 

ブリヂストン(BRIDGESTONE CORPORATION、51080)の分析まとめ

2020年(通期)の売上高は、2兆9,945億2,400万円(前年度比-5,310億7,600万円)、営業利益は641億1,400万円(前年度比-2,619億8,400万円)、純利益は9,766億9,900万円(前年度比-3,158億9,900万円)と、減収減益となりました。