株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】キヤノン(CANON INC.、77510)

f:id:ul-1:20210922115431p:plain


キヤノンの会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

キヤノン(CANON INC.、77510)
設立年月日:1937/08/10
本社所在地:東京
上場年月日:1949/05/16
証券コード:77510
ISINコード:JP3242800005
市場区分:第一部
業種:電気機器
決算期:12月31日
売買単位:100
時価総額:3兆3,977億6,242万(2021年9月22日時点)
IR情報:https://global.canon/ja/ir/

 

企業メッセージ

キヤノンは、創立51年目にあたる1988年、「共生」を企業理念とし、世界中のステークホルダーの皆さまとともに歩んでいく姿勢を明確にしました。
「共生」とは、文化、習慣、言語、民族などの違いを問わずに、すべての人類が末永く共に生き、共に働いて、幸せに暮らしていける社会をめざすものです。
キヤノンは、「共生」の理念のもと、社会のサステナビリティを追求しています。

global.canon

 

 

売上高の推移

2020年(通期)の売上高は、3兆1,602億4,300万円で、前年度からの増減額は、-4,330億5,600万円となりました。

f:id:ul-1:20210922130228p:plain

2019年3月~2021年6月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:ul-1:20210922115656p:plain

f:id:ul-1:20210922115809p:plain

 

 

利益の推移

2020年(通期)の営業利益は、1,105億4,700万円で、前年度からの増減額は、-638億7,300万円となりました。

営業利益率は、3.5%と、前年度の4.9%から悪化しました。

f:id:ul-1:20210922130245p:plain

2019年3月~2021年6月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:ul-1:20210922115822p:plain

f:id:ul-1:20210922115836p:plain

f:id:ul-1:20210922115852p:plain

純利益は、833億1,800万円で、前年度からの増減額は、-416億4,600万円となりました。

EPSは、79円で、前年度からの増減額は、-37円となりました。

f:id:ul-1:20210922130303p:plain

2019年3月~2021年6月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:ul-1:20210922115912p:plain

f:id:ul-1:20210922115926p:plain

f:id:ul-1:20210922115938p:plain

f:id:ul-1:20210922115952p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2020年(通期)の営業キャッシュフローは、3,338億500万円で、前年度からの増減額は、-246億5,600万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、10.6%と、前年度の10.0%から改善しました。

f:id:ul-1:20210922130334p:plain

 

フリーキャッシュフローは、1783億6,600万円で、前年度からの増減額は、+484億7,300万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、5.6%と、前年度の3.6%から改善しました。

f:id:ul-1:20210922130353p:plain

 

 

配当の推移

2020年(通期)の1株当たり配当金は、80円で、前年度からの増減額は、-80円となりました。

f:id:ul-1:20210922130410p:plain


 

キヤノン(CANON INC.、77510)の分析まとめ

2020年(通期)の売上高は、3兆1,602億4,300万円(前年度比-4,330億5,600万円)、営業利益は1,105億4,700万円(前年度比-638億7,300万円)、純利益は833億1,800万円(前年度比-416億4,600万円)と、減収減益となりました。