株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】中外製薬株式会社(CHUGAI PHARMACEUTICAL CO., LTD.、45190)

f:id:tonkabeans123:20210917102949p:plain



中外製薬の会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

中外製薬(CHUGAI PHARMACEUTICAL CO.,LTD.、45190)
設立年月日:1943/03/08
本社所在地:東京
上場年月日:1956/03/03
証券コード:45190
ISINコード:JP3519400000
市場区分:第一部
業種:医薬品
決算期:12月31日
売買単位:100
時価総額:7兆1,947億6,210万(2021年9月17日時点)
IR情報:https://www.chugai-pharm.co.jp/ir/index.html

 

企業メッセージ

会長メッセージ 

 

革新的医薬品を核としたイノベーション創出による社会課題の解決を通じて、当社と社会の共有価値の創造を目指します。

世界人口の増加や高齢化の進展、新型コロナウイルスの感染拡大により、ヘルスケアへの期待やニーズは大きく高まっています。その一方で、限られた資源・財源の中ですべての人々の健康で活き活きとした生活を実現することが、世界共通の課題となっています。

私たちは、高いサイエンスレベルと技術力を駆使し、中外製薬にしかできないイノベーションにより、社会課題の解決や社会の発展に寄与していきたいと考えています。当社が生み出すイノベーションの中核はこれからも革新的新薬にありますが、従来の治療の枠を超えたサービスの充実や、IT・デジタル分野をはじめとする多様なプレーヤーとの協働を通じて、さらに高度な価値の創造・提供に取り組みます。また、サステナビリティへの取り組みを強化し、気候変動対策や効率的な資源利用、再生エネルギー活用をはじめとする、社会システムの持続性に対しても貢献していきます。

私たちの目指す価値の実現に向け、効果的にイノベーションを生み続ける会社とするために、私が重視するのは「サイエンス」「技術」「人財・風土」であり、これらの強化に経営資源を集中的に投下していきます。サイエンスは、私たちの価値の根源であり活動の判断基準です。技術は、強みであり生命線です。そして、何よりも重要なのが人財であり、タレントマネジメントやダイバーシティ&インクルージョンの強化、人財投資の積極化によって、イノベーションを育む企業風土を醸成していきたいと考えています。


www.chugai-pharm.co.jp

 

 

 

売上高の推移

2020年(通期)の売上高は、7,869億4,600万円で、前年度からの増減額は、+1,007億6,200万円となりました。

f:id:tonkabeans123:20210917103817p:plain

2019年3月~2021年6月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:tonkabeans123:20210917103851p:plain

f:id:tonkabeans123:20210917103939p:plain

 

利益の推移

2020年(通期)の営業利益は、3,012億3,000万円で、前年度からの増減額は、+906億3,300万円となりました。

営業利益率は、38.3%と、前年度の30.7%から改善しました。

f:id:tonkabeans123:20210917104006p:plain

2019年3月~2021年6月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:tonkabeans123:20210917104027p:plain

f:id:tonkabeans123:20210917104046p:plain

f:id:tonkabeans123:20210917104109p:plain

純利益は、2147億3,300万円で、前年度からの増減額は、+571億7,300万円となりました。

EPSは、131円で、前年度からの増減額は、+35円となりました。

f:id:tonkabeans123:20210917104128p:plain

2019年3月~2021年6月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

f:id:tonkabeans123:20210917104201p:plain

f:id:tonkabeans123:20210917104222p:plain

f:id:tonkabeans123:20210917104245p:plain

f:id:tonkabeans123:20210917104327p:plain



 

キャッシュフローの推移

2020年(通期)の営業キャッシュフローは、2,050億3,500万円で、前年度からの増減額は、-16億600万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、26.1%と、前年度の30.1%から悪化しました。

f:id:tonkabeans123:20210917104359p:plain

 

フリーキャッシュフローは、1067億2,300万円で、前年度からの増減額は、-181億7,700万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、13.6%と、前年度の18.2%から悪化しました。

f:id:tonkabeans123:20210917104422p:plain



 

配当の推移

2020年(通期)の1株当たり配当金は、105円で、前年度からの増減額は、-35円となりました。

f:id:tonkabeans123:20210917104434p:plain



 

中外製薬(CHUGAI PHARMACEUTICAL CO.,LTD.、45190)の分析まとめ

2020年(通期)の売上高は、7,869億4,600万円(前年度比+1,007億6,200万円)、営業利益は3,012億3,000万円(前年度比+906億3,300万円)、純利益は2,147億3,300万円(前年度比+571億7,300万円)と、増収増益となりました。