株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】株式会社 ファーストリテイリング(FAST RETAILING CO.,LTD.、99830)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/w/wonderfulcollection/20210916/20210916130718.png


ファーストリテイリングの会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

 

会社概要

ファーストリテイリング(FAST RETAILING CO.,LTD. 、99830)
設立年月日:1963/05/01
本社所在地:山口
上場年月日:1997/04/02
証券コード:99830
ISINコード:JP3802300008
市場区分:第一部
業種:小売業
決算期:8月31日
売買単位:100
時価総額:7兆5,344億1,179万(2021年9月16日時点)
IR情報:https://www.fastretailing.com/jp/ir/

 

企業メッセージ

※以下、企業ページからの抜粋

我々は創業以来、お客様に一番喜んでもらえる商品とは何か、社会のために最も役立つビジネスとは何か、ということを常に追求し、それを真面目に実行してきました。こうした「社会にとって正しいこと」を追求する姿勢があったからこそ、究極の普段着としてのLifeWearをつくることができ、服の領域で社会のインフラになるという他にはない発想につながりました。そうした姿勢がお客様にも伝わり、「次もこの店で買おう」と思っていただけているのだと思います。

www.fastretailing.com


 

ニュースリリース

ファーストリテイリングといえばユニクロやGUなどグループ事業を現在、6社展開する有名企業です。

2021年1月21日には、本格的に障がい者雇用を開始し、障がい者の活躍推進に取り組む国際イニシアチブ 「The Valuable 500」に加盟し、以下5つの取り組みを柱に、ダイバーシティ&インクルージョン(多様性の受容と尊重)を推進して行くとしています。

 

  1. 障がい者の雇用と受け入れ研修の実施
  2. お客様や従業員の声を反映した商品・サービスと売り場づくり
  3. ダイバーシティ&インクルージョン専用ウェブサイトの開設
  4. 障がい者スポーツの支援
  5. 地域コミュニティにおける障がい者支援

 

また、ユニクロは、北京初のグローバル旗艦店を2021年11月6日にオープンしました。

この店舗は、中国大陸で3店舗目となるグローバル旗艦店で、2002年9月に中国大陸1号店を出店し、2010年にオープンしたユニクロ 南京西路店、2013年に誕生した世界最大の店舗UNIQLO SHANGHAIと、すでに上海に2つのグローバル旗艦店があります。

 

ユニクログレーターチャイナCEOの潘寧氏は、

「ユニクロは、中国市場に参入して20年間、世代を超えて、中国の社会、産業、お客様とともに成長してきました。常にお客様を第一に考え、すべての人のより良い生活のために、高品質な服を作ることを心がけています。北京は、長い歴史を持つ素晴らしい都市であり、伝統や文化、包容力や革新性によって、いつも人々の限りない創造力を引き出してきました。その一角にある北京三里屯に、ユニクロはグローバル旗艦店をオープンし、LifeWearを世界に発信していきたいと考えています」

と述べていて、今後も中国でのさらなる展開が期待されるところです。

 

以下、企業ページからの抜粋となります。

 

ファーストリテイリング、障がい者の活躍推進に取り組む国際イニシアチブ 「The Valuable 500」に加盟

www.fastretailing.com

 

北京初のユニクログローバル旗艦店が、今秋オープン

LifeWearのアートとサイエンスを表現する北京の新しいファッションとカルチャーの発信地に

www.fastretailing.com

 

北京初のグローバル旗艦店「ユニクロ 北京三里屯店」が11月6日にオープン

www.fastretailing.com

 

売上高の推移

2020年(通期)の売上高は、2兆88億4,600万円で、前年度からの増減額は、-2,817億200万円となりました。

 

f:id:wonderfulcollection:20210916130939p:plain

2018年11月~2021年5月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:wonderfulcollection:20210916131004p:plain

 

f:id:wonderfulcollection:20210916131040p:plain

 

 

利益の推移

2020年(通期)の営業利益は、1,493億4,700万円で、前年度からの増減額は、-1,082億8,900万円となりました。

営業利益率は、7.4%と、前年度の11.2%から悪化しました。

 

f:id:wonderfulcollection:20210916131223p:plain

2018年11月~2021年5月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

 

 

f:id:wonderfulcollection:20210916131332p:plain

 

f:id:wonderfulcollection:20210916131438p:plain

純利益は、903億5,700万円で、前年度からの増減額は、-722億2,100万円となりました。

EPSは、885円で、前年度からの増減額は、-708円となりました。

 

f:id:wonderfulcollection:20210916131511p:plain

2018年11月~2021年5月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

 

f:id:wonderfulcollection:20210916131552p:plain

 

f:id:wonderfulcollection:20210916131644p:plain

 

f:id:wonderfulcollection:20210916131722p:plain

 

f:id:wonderfulcollection:20210916131735p:plain

 

 

キャッシュフローの推移

2020年(通期)の営業キャッシュフローは、2,648億6,800万円で、前年度からの増減額は、-356億3,700万円となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は、13.2%と、前年度の13.1%から改善しました。

 

f:id:wonderfulcollection:20210916132004p:plain



フリーキャッシュフローは、1888億8,700万円で、前年度からの増減額は、-328億6,200万円となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は、9.4%と、前年度の9.7%から悪化しました。

 

f:id:wonderfulcollection:20210916132018p:plain



 

配当の推移

f:id:wonderfulcollection:20210916132040p:plain


 

ファーストリテイリング(FAST RETAILING CO.,LTD. 、99830)の分析まとめ

2020年(通期)の売上高は、2兆88億4,600万円(前年度比-2,817億200万円)、営業利益は1,493億4,700万円(前年度比-1,082億8,900万円)、純利益は903億5,700万円(前年度比-722億2,100万円)と、減収減益となりました。