株ラボ

有望株の分析情報をお届け

【決算情報分析】株式会社ナカニシ(NAKANISHI INC.、7716)

f:id:kabulab:20210726121325p:plain


株式会社ナカニシの会社概要や過去の決算データ、配当の推移などをまとめます。

会社概要

ナカニシ(NAKANISHI INC.、7716)
設立年月日:1981/06/01
本社所在地:栃木
上場年月日:2013/07/16
証券コード:7716
ISINコード:JP3642500007
市場区分:JASDAQスタンダード
業種:精密機器
決算期:12月31日
売買単位:100
時価総額:2,178億3,347万(2021年7月26日時点)
IR情報:https://www.nakanishi-inc.jp/ir/

 

企業メッセージ

TOP MESSAGE

ご挨拶

 

私たちナカニシは、創業以来、時代をリードする「超高速回転技術」を追求しつづけ、歯科医療分野において革新的な製品を世に送り出してまいりました。

さらにこの技術を応用し、一般産業分野や外科医療分野へと事業領域を拡大させてまいりました。

それぞれの領域で、「世界初」「世界最高」の製品をお届けする努力を続け、着実に成長しています。

また、現在は、海外15ヶ所に自社の販売拠点を擁し、世界135ヶ国以上で信頼のブランドとしてご愛用いただいており、今や歯科用回転機器分野においては、グローバルNo.1シェアを実現するまでになりました。

「高い製品力」「格調の高い洗練されたデザイン」「絶対的な高い品質」「スピーディーで独創的な開発力」「高いコスト競争力」「強固なグローバル販売網」「ファーストクラスのアフターサービス」など、真のグローバルNo.1ブランドを目指し、これからも社員一丸となり、挑戦を続けてまいります。

www.nakanishi-inc.jp

 

 

売上高の推移

2020年(通期)の売上高は330億5,500万円と、前年度比-6.7%となりました。

【ナカニシ】売上高の推移

2019年3月~2021年3月(各期)の売上高は、以下のグラフをご覧ください。

【ナカニシ】各期ごとの売上高推移 (百万円)

 

【ナカニシ】売上高増加率(前年度同期比)

 



利益の推移

2020年(通期)の営業利益は85億4,200万円と、前年度比-8.1%となりました。

営業利益率は25.8%と、前年度の26.3%から改善しました。

【ナカニシ】利益の推移

 

2019/03~2021年3月(各期)の利益は、以下のグラフをご覧ください。

【ナカニシ】各期ごとの利益推移 (百万円)

 

【ナカニシ】各期ごとの営業利益率

 

【ナカニシ】利益増加率(前年度同期比)

 

純利益は、64億5,500万円と、前年度比-9.1%となりました。

EPSは74円と、前年度比-9.1%となりました。

【ナカニシ】純利益の推移

 

2019/03~2021年3月(各期)の純利益とEPSの推移は、以下のグラフをご覧ください。

【ナカニシ】各期ごとの純利益推移 (百万円)

 

【ナカニシ】純利益増加率(前年度同期比)

 

【ナカニシ】各期ごとの1株当たり純利益 [EPS](円)

 

【ナカニシ】EPS増加率(前年度同期比)

 

 

 

キャッシュフローの推移

2020年(通期)の営業キャッシュフローは91億8,300万円と、前年度比+30.8%となりました。

営業キャッシュフローマージン(営業キャッシュフロー/売上高)は27.8%と、前年度の19.8%から改善しました。

【ナカニシ】営業キャッシュフローの推移

 

フリーキャッシュフローは78億300万円と、前年度比+189.0%となりました。

フリーキャッシュフローマージン(フリーキャッシュフロー/売上高)は23.6%と、前年度の7.6%から改善しました。

【ナカニシ】フリーキャッシュフローの推移

 

 

 

配当の推移

2020年(通期)の1株当たり配当金は30円と、前年度と変化なしとなりました。

【ナカニシ】配当の推移

 



 

ナカニシ(NAKANISHI INC.、7716)の分析まとめ

2020年(通期)の売上高は、330億5,500万円(前年度比-6.7%)、営業利益は85億4,200万円(前年度比-8.1%)、純利益は64億5,500万円(前年度比-9.1%)と、減収減益となりましたが、2021/03(第1期)現在は売上高が、113億3,700万円(前年度同期比+55.4%)、営業利益は36億7,500万円(前年度同期比+231.4%)、純利益は30億7,400万円(前年度同期比+595.5%)と増加傾向になっています。

 

 一昨年、昨年はあまり業績が振るわなかった印象ですが、今年の1期は例年の数字よりも高水準となっており、今後の数字も期待ができそうです。